アンバサダープログラム

アンバサダーとつながること。アンバサダーが語る言葉を増やすこと。

AMNが提唱するアンバサダープログラムとは

アンバサダープログラムとは、アンバサダーを発見し、アンバサダーを活性化し、アンバサダーを資産化していく取り組みです。

そのために、さまざまな施策を通じて熱量の高いファンが語る言葉を増やしてゆきます。

特徴

  1. 人に着目するマーケティングなので、プラットフォームやメディアに依存しません。
  2. マス広告との連動や、施策の組み合わせにより、さらに効果をあげることが可能です。
  3. 長期的かつ継続的に企業に貢献できるプログラムです。

図:アンバサダープログラム(データの蓄積)全ての情報を「アンバサダーダッシュボード」に蓄積させていき、分析、抽出、フィードバックすることで、今後のマーケティングに活用していくデータベースとします。

図:アンバサダープログラム(時間軸での流れ)

マス広告との連動や各施策から、アンバサダーを発見し、資産化していきます。全ての情報を「アンバサダーダッシュボード」に蓄積し、今後のマーケティングに活用します。

NPS/ロイヤルティ調査

NPS(ネット・プロモーター・スコア)

図:NPS(ネット・プロモーター・スコア)

NPSは顧客ロイヤルティを測るための指標で「推奨者正味比率」と訳されます。「あなたは(このブランドを)友人や知人におススメしますか?」という問いに対する答えを、0〜10の11段階で調査。推奨者が占める%比率から、批判者が占める%比率を差し引いた%数値をNPS指標とし、企業経営からソーシャルメディア施策の評価まで様々な形で活用されています。

NPS調査をおこなうことで、売り上げや成長率との相関関係がある顧客ロイヤルティを定量的に測ることが可能です。

※Net Promoter®およびNPS®は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標です。

ロイヤルティ調査

図:ロイヤルティ調査

外部パネルとの比較で、ソーシャルメディア施策の価値を数値化するサービスです。比較対象として、外部パネルを利用した調査も同時に実施し、調査対象となる「自社媒体・自社SNS登録者」の持つ推奨意向・推奨実績を測定。自社で取り組んでいる複数のユーザーリレーションを比較し、さらに競合他社も合わせての比較など、様々な切り口で“推奨”をもとにビジネスへの貢献価値を明らかにします。

アンバサダープラットフォーム
reviws
reviws