アンバサダーとは

AMNが提唱するアンバサダーとは

アンバサダー(Ambassador) の意味は一般的に「大使」と翻訳され、日本では著名人や芸能人などがブランド大使として任命される時に使われることが多いようです。

AMNが提唱するアンバサダーは、ソーシャルメディアの発展により、個人が情報を発信できるようになった環境変化を反映させたものとなります。

詳しくはこちら

書籍「アンバサダー・マーケティング」

アンバサダーマーケティング表紙

近年アメリカを始め、世界のマーケティング業界で注目の新しい消費者、アンバサダーの存在について紹介し、彼らをどうやって探し出し、どうように関係を築くべきなのかを解説。アンバサダー・マーケティングを実践する、スターバックス、ノートン、フォードなどの有名企業から街のレストランまで成功事例を豊富に紹介しています。

著者は企業のソーシャルメディアを活用したアンバサダー・マーケティングを支援する会社を経営しているため、本書は事例に基づいた実践的な視点で書かれており、今最も注目されているアンバサダー・マーケティングについて初めて書かれた書籍の翻訳となります。

アンバサダー・マーケティング
日経BP社 (2013年10月3日発行)
ロブ・フュジェッタ (著)、藤崎実 (監修)、徳力基彦 (解説)、土方奈美 (翻訳)
Amazon.co.jpで見る

アンバサダープラットフォーム
reviws
reviws