AMNブロガーツアーin広島で、楽しい時間を共有してきました #hrsm0323

AMNの中山(エアロプレイン)です。

広島にて、企画としては第2回目となるAMN全国ブロガーツアーin広島を開催してまいりました!10日前の告知開始と緊急開催気味で心配だった本イベントですが、そんな心配が無用なほどに盛り上がりましたので、以下レポートさせていただきます。

2013-03-23

今回の会場は、広島駅から10分ほど歩いた場所にあるRCC文化センター。土曜日ということもあり、19時と少し早めの開始です。

応募締め切りに間に合わなかったものの、Twitterや電話などで問い合わせてきてくれた方も含む19人での開催です!

IMG_6538

まずは大阪と同じく、僕の自己紹介、AMNの簡単なご紹介、そしてサプライズ自己紹介(全員)をやっていただきました。自分のブログが表示されたら自己紹介をする、という、いつ順番がまわってくるかわからないドキドキな方式です。ただ、やっぱり自分のブログの紹介ってみなさんできるんですよね。

自己紹介が終わると、早速ライトニングトークです。今回は「ブログ」というキーワードに添っていれば何でもいい!というお題だったのですが、ほとんどの方が自分のブログの紹介をされました。

IMG_6542

今回ライトニングトークをされたのは、こちらの4名です。

みなさん、自分のブログやそれにまつわることを3〜5分ほど話していただけました。トブさんはさらにそこから発生したいろいろなことや、点と点がつながることについて、興味深いお話を聞かせてくれました。詳細は割愛させていただきますが、なんとも羨ましくもあり、行動することが大事だなとも再認させられましたね。

ライトニングトークの後は、頭ん中の増永さんによる最近のブログ運営トピックです。主にモバイルなどに対する考え方、スタンスの持ち方などが話され、こちらもまた、とても参考になる内容でした。前回の[N]ネタフルコグレさんもそうでしたが、やはり色々と実験をしながらブログについて考えている方は深いですね…。

最後は僕と増永さんで、ブログの昔、今、これからについてのパネルトークをさせていただき、会のしめとさせていただきました。質問では「これからブログを本格的にはじめたいのだけど、どうしたら」という質問なども出まして、僕としましても回答に気合いが入りました。

この回答だけはここでも公開したいと思うのですが、まずプラットフォームは何でも良いと思うのです。大事なのはいますぐ始められそうなものを選ぶこと。ここでつまずいてしまってはもったいないのです。もちろんブログで暮らしていきたい…というときは戦略的な始め方が必要ですが、大多数の方は、自分がいますぐ始めやすそうなブログサービスを選べば良いと思います。

そして気になる内容については…10記事くらいなら今すぐでも書けるテーマを選んでみたらどうでしょうか。やっぱり「ブログはじめました」で止まってしまうブログってのはたくさんあって、始めてから続かなくなってしまうんですよね。先の「今すぐはじめよう」と若干矛盾しますが、10記事くらい書ける得意なテーマが見つかったらはじめる、でも遅くは無いと思います。実際は誰でもそういったテーマを持っているはずなんですけどね。気がついていないだけだと思います。

とまあそんなこんなで、会は終了。その後は広島の中心部にて0時近くまでの打ち上げをして解散となりました。

嬉しかったのは、参加者の方から「こういうものを定期的に開催してもようかな」と声が出たことです。AMNも自分たちが全国全てで定期的に開催できるとは考えていません。大切なのは、その地にある種火を大きくして、燃えるようにしていくことだと思うんですよね。今回のイベントが、その種火を少しでも大きくするものになったなら幸いです。

ということで!2回目にして様々な反響も聞こえてくるようになりました。次はどこで開催するのか!?それはみなさまの熱意と、その表明にかかっています。想うだけではかないません。ぜひ、我々に「ここで開催してほしい!」という熱意を伝えてください。よろしくお願いします。

なお、開催希望を表明するためのアンケートもございます。ぜひこちらから声を聞かせてください!

キミの声で呼ぼう!ブロガーイベント誘致アンケート | アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 | Fans:Fans

▼ブログパーツ
参加された皆さんのブログ記事がリンクされるブログパーツを作成しております。
宜しければ記事を書かれた際に下記のHTMLタグを、ご自身のブログにお貼りください。
(ブログ記事本文内にお貼りください)

■設置イメージ

記事下にブログパーツが設置できないブログ(アメブロ、エキサイトブログ、
Yahoo!ブログ、楽天ブログ)は、下記の画像パーツを利用してください。

■設置イメージ
Fans:Fans