『12/2:初来日マイケル・ムーア監督最新作試写会&特別対談』&『12/4:非正規労働者をとりまく現状とこれからに関する勉強会』のお知らせ

今回は、12月2日(水)と12月4日(金)に日本労働組合総連合会の主催で実施される、『初来日のマイケル・ムーア監督最新作の特別試写会&ムーア監督×連合会長対談』と、『12/4:非正規労働者をとりまく現状とこれからに関する勉強会』のご案内になります。
サブ1(NY証券取引所).jpg
[1]12月2日:初来日マイケル・ムーア監督最新作『キャピタリズム~マネーは踊る~』試写会&ムーア監督×連合古賀会長の異色対談
今回は、12月5日から『キャピタリズム~マネーは踊る~』が東京と大阪で限定公開されるのに先立ち、資本主義と闘い続けてきた労働者の代表である連合古賀会長と、不況の元凶である資本主義の本拠地に次々直撃してきたムーア監督が、これまでの資本主義でも社会主義でもない、21世紀の「人民によって管理される新しい経済、労働者が参加する社会」について対談いたします。
本作は医療保険問題を扱う『シッコ』など、発表する作品ごとに世界中から注目を集めるムーア監督の2年ぶり待望の最新作です。
今年は、監督が『ロジャー&ミー』でGM会長にアポなし突撃取材を初めてからちょうど20年目。
そのGMが破綻した年に、ムーア監督は原点に立ち返り、世界同時不況の原因を作ったのは一体誰なのか?私達のお金は一体どこへ消えたのか?を問い、巨大企業による利益の追求が、世界中でいかに破壊的な影響を与えるかを白日のもとに曝しました。
これまで、一人で戦ってきた監督が、映画の中で「次は・・・」という言葉が非常に印象的です。
お時間が許す方は、ぜひご検討下さいませ。
***********************************
[1]初来日マイケル・ムーア監督最新作『キャピタリズム~マネーは踊る~』
試写会&ムーア監督×連合古賀会長の異色対談の概要

■日程 :12月2日(水) 10時~13時10分 (受付9時30分~)
10:00~12:15特別試写会
12:30~13:10ムーア監督×連合古賀会長生対談
■会場:日暮里ラングウッドホテル2階(荒川区東日暮里5-50-5)
■最寄駅:JR日暮里(南口徒歩1分)
■定員:15名程度
■申込はコチラから
***********************************
[2] 12月4日:『非正規労働者をとりまく現状とこれからに関する勉強会』
米国を震源とする世界同時不況のなかで、日本もその例外ではなく景気に大きな影が落とされました。今や「格差社会」「貧困」という言葉が広く認知され、昨年の暮れには、東京の「派遣村」に代表されるような、人々による救済への取組みが全国で展開されました。
しかし、この1年を振り返ると我々を取り巻く環境は、さらに厳しさを増して参りました。
今回の勉強会では、様々な外部の取組みと連携し、問題に取り組んできた
連合の非正規労働センターのメンバーを中心に、この現状を整理し、
正規・非正規などの形態にかかわらず、
私たちが一人一人が、どのようなことに取り組んでいけばいいのか、そして
連合がどういった取り組みを行っていけばいいのかを、皆さんと一緒に考える場に
なればと思っております。
年の瀬のご多忙な時期ではございますが、お時間を頂ければ幸いです。
***********************************
[2]非正規労働者をとりまく現状とこれからに関する勉強会(連合 非正規労働センター主催)

■日程 :12月4日(金) 19時30分~ (受付19時~)
■会場:日本労働組合総連合会 総評会館
■最寄駅:千代田線新御茶ノ水駅、都営新宿線小川町 B3出口
■定員:15名程度
■申込はコチラから
※[1]の申込フォームと同じです。
***********************************
※参考情報※
●『キャピタリズム~マネーは踊る~』
12月5日(土)TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 梅田 にて限定公開
2010年1月9日(土) 全国拡大ロードショー
●非正規労働センターサイト:「フェアワークつながるネット
●インターネットを活用した連合の取組み例:「トブ太カンパ」