2月24日(水)開催:「ネット時代のメディアとジャーナリズム」フォーラムのお知らせ

こちらのイベントは応募者多数のため、お申込を締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

今回は2月24日(水)に日本経済新聞社にて開催されます、ネット時代のメディアの役割、ジャーナリズムの将来について議論するフォーラムへご招待のお知らせです。
ブログやSNS、そしてYoutubeにTwitterなど、次々に登場するソーシャルメディアは、メディアの形をどのように変えて行くのでしょうか。
ネット社会において、今後求められるメディアとはどのようなものなのでしょうか。
また、私たちは、これまで主にマスメディアが支えてきたジャーナリズムやコンテンツ制作能力を、どのように維持していくべきなのでしょうか。
NIKKEI.jpg


今回は、この分野を代表するパネリストにお話しを伺いながら、会場からはTwitterで議論に参加する仕組みも用意する予定です。
(当日はAMN代表の徳力もパネリストとして参加する予定です。)
また当日は、主催者の日本経済新聞社より、本テーマに関連する新サービスについてもご紹介させていただく予定です。
これからのメディアのあり方にご興味をお持ちの方は、是非ご応募頂ければ幸いです。
————————————————————————————–
【プログラム】
18:30~18:50 主催者あいさつ・日本経済新聞社新サービスのご紹介
18:50~20:25 パネルディスカッション「ネット時代のメディアとジャーナリズム」
 パネリスト:
  高広伯彦氏 (スケダチ|高広伯彦事務所/ブログ「mediologic.com/weblog」)
  津田大介氏 (メディアジャーナリスト)
  徳力基彦氏 (アジャイルメディア・ネットワーク社長)
  椿奈緒子氏 (cybozu.net CEO/ブログ「椿ブログ」)
  藤代裕之氏 (ジャーナリスト/ブログ「ガ島通信」)
  古川 享氏 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)
  (司会)日本経済新聞社 編集局産業部編集委員 小柳 建彦
20:25~20:30 今後のイベント予定などについて
*ネット中継等の実施も検討中しています。
 詳細は当日、こちらからご確認ください。
————————————————————————————–
【実施概要】
-タイトル:
 「ネット時代のメディアとジャーナリズム」フォーラム
-日時:2月24日(水)18:30~20:30(18:00開場)
-会場:日経カンファレンスルーム
-住所:日本経済新聞社 日経ビル6階
     東京都千代田区大手町1-3-7
<地図はこちら>
-参加費用:無料 (ブログをお持ちでない方もご参加いただけます)
   ※定員を超えるご応募があった場合はブログをお持ちの方を優先させていただきます。
-募集定員:先着50名
-申込締切:2月23日(火)18:00まで
※お申込み状況によっては、募集を締め切る場合がございます。
※当落にかかわらず、2月23日(火)20:00までにメールにてご連絡いたします
開催:日本経済新聞社
協力:アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

こちらのイベントは応募者多数のため、お申込を締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

アンバサダープラットフォーム
reviws
reviws