書籍『顧客視点の企業戦略-アンバサダープログラム的思考-』が発売されました。

2017年3月1日『顧客視点の企業-アンバサダープログラム的思考-』が発売されました。


これはファンやアンバサダーを重視したアプローチ「アンバサダープログラム」の意義や考え方などを解説した書籍です。具体的で豊富な事例を始め、実際の運用で参考になる「実践レポート アンバサダーの体験設計」も収録。この1冊で理論から実用に至るまでわかる待望の書籍です。

アンバサダープログラムの本質は「既存顧客重視」です。ファンベースの取り組みは、アジャイルメディア・ネットワークが創業以来取り組んできた分野であり、かつ、現在、最も注目されている分野です。従来のマスマーケティングと併用して無理なく両輪で行える点にも特徴があります。おかげさまで2月の予約開始時には、アマゾンのランキングで1位も獲得しました。

装丁は誰もが見たことがあるブックデザインを手がけ、日本を代表する装丁家の鈴木成一デザイン室が担当。手にした時の手触りや本文の文字間などにもこだわり、大変読みやすい本に仕上がりました。

広告や広報に携わる方、企業のマーケティング担当者や経営者の方、マーケティングを学ぶ方に。この機会に、是非ともお買い求めください。

===========================================
★期間限定★(ダウンロード期間: 3月1日〜3月31日まで)
『顧客視点の企業戦略-アンバサダープログラム的思考』 特別抜粋版のダウンロード

=======================================
★3月14日(火) 19:00〜20:30『顧客視点の企業戦略』出版記念セミナー(東京/大阪/名古屋/福岡/金沢)

=======================================
★アマゾン ランキング1位感謝企画「プレゼント用のもう1冊をプレゼント」


★ご購入はこちらから
アマゾンサイト『顧客視点の企業-アンバサダープログラム的思考-』
宣伝会議サイト『顧客視点の企業-アンバサダープログラム的思考-』

 

 

 

アンバサダープラットフォーム
reviws
reviws