NEWSお知らせ

日本郵便「今年の一文字」でも使用された『つぶやき分析ジェネレーター』の提供開始しました

2010年12月10日 お知らせ

今年の一文字.2.png
AMNは、このたびツイッター利用者の投稿内容を解析して「診断」や「占い」を可能にする『つぶやき分析ジェネレーター』の提供を開始しました。
郵便事業株式会社が展開する2010年のツイッター利用者の投稿データから、今年一番使用した漢字を抽出・集約するコンテンツ「今年の一文字」でもこの『つぶやき分析ジェネレーター』が利用され、サイト運営開始の11月1日から1ヶ月で、すでに32万人以上が利用をしています。


■今年の一文字 サイトURL
http://yubin-nenga.jp/hitomoji/
Twitterのカウントを入れるだけで、簡単に確認することができますので、
ぜひ、みなさんも今年一年で多くつぶやいた文字を確認してみては、いかがでしょうか?
~『つぶやき分析ジェネレーター』とは~
『つぶやき分析ジェネレーター』は、ツイッター利用者の過去の発言を収集し、テキスト解析を行うことができるツールです。利用者のつぶやきデータをテキスト解析し、様々な角度から抽出することで、利用者にとって関連のある「診断ツール」や「占い」などのジェネレーターを開発することができる仕組みとなっています。
<プレスリリース記事>
AMN、『つぶやき分析ジェネレーター』の提供開始|プレスリリース|Agile Media Network