NEWSお知らせ

「お小遣い制に関する夫の意識調査」9割が欲しいもの購入する際に妻稟議が必要

2010年09月29日 お知らせ

みなさんのお小遣いは、おいくらですか?
sakusenkaigi_20100929.jpg
このたび、AMNは、9月17日よりTwitterを活用し、夫が購買をする際の関門となる「妻の説得」を支援するサイト「悩める夫の作戦会議」を開設しました。開設にあたり、全国のお小遣い制の夫800名に対して【お小遣い制に関する夫の意識調査】を実施いたしました。
30代~50代で既婚のお小遣い制の夫を対象に調査を実施したところ、
・お小遣い平均・・・・月27,520円
・欲しいものを買いたい時、妻の稟議・・・・91.6%
・妻説得の勝率・・・・平均6.7割
という結果になりました。
お小遣い制の夫の実態が見えてくる結果となりました。


妻への説得の勝率5割以上の夫に、勝因を調査したところ、1位「必要性の訴求」、2位「家事手伝い」となりました。
男性が説得する際に、機能やスペックを強調しがちですが、なぜそのモノが欲しいのか?購入することによって、生活がどのようにプラスになるのか?という必要性を訴求するのが勝因のようです。
一方、勝率5割未満の夫の敗因の1位「収入の不足」、2位「説得力の不足」となりました。
収入のことを言われると、なかなか反論できないですし、困りモノですね。
同調査で、妻への不満・感謝を自由回答で聞いたところ、
「何もできないので、小遣い増やして欲しい。(40代)」
「財布の紐を締めるなら、自分のウエスト締めてくれ(30代)」
お小遣いUPを切実に願うコメントや妻への皮肉なコメントなどがある一方で
43.1%が「不満なし」と答え、
「貯金ができているのは妻のおかげ(40代)」
「少な給料をやりくりしてくれて感謝(30代)」
妻への日頃の感謝の言葉が寄せられたのが、印象的でした。
~~ 『悩める夫の作戦会議』サイト概要 ~~
 当サイトは、Twitterのリアルタイム性を活用し、妻の口説き文句をリアルタイムに募集、共有することができる、国内初の夫の知恵共有サイトです。 AMNでは今後も様々な商品・サービスを御題にしながら、妻の説得を行っている夫の皆様に対して情報共有の場を提供していければと考えております。
■サイトURL: http://agilemedia.jp/sakusenkaigi/
■公式アカウント:@sakusen_kaigi
夫の知恵共有サイト「悩める夫の作戦会議」を通じて、夫の皆さんに活用して頂ければと考えております。
プレスリリースは、こちら。
【調査】「お小遣い制に関する夫の意識調査」欲しいもの購入9割が妻稟議|プレスリリース|Agile Media Network