NEWSお知らせ

アジャイルメディア子会社、クリエ・ジャパンの動画DXテクノロジー「PRISM」がヘルスケア領域における提供実績 累計40万人を突破

2021年07月21日 プレスリリース

~病院、健保組合、企業健診、介護事業、ヘルステックサービスへ個別最適化した動画を通じて健康促進や付加価値向上を実現~

 

『個の力を最大化し、“小さな経済”を成長させる』をミッションに掲げ、大手から中小企業のマーケティング・DX支援を手がけるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田 怜史、東証マザーズ上場:証券コード6573、以下AMN)の子会社である株式会社クリエ・ジャパン(本社:東京都港区、以下クリエ)は、同社が提供する動画合成・自動生成の特許テクノロジー「PRISM(プリズム)」を活用し、レポーティングに特化した動画DXソリューション「VideRepo(ビデレポ)」の提供実績が累計40万人を突破したことをお知らせします。

■背景
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で社会情勢が大きく変化する中、企業のリモートワーク化など働き方も多様化が進み、社員の健康サポートについての関心が高まっています。
また、遠隔診療やヘルスケア領域におけるIoT・健康関連データ活用の取り組み、第5世代移動通信システム(5G)普及への期待といった背景から、1人ひとりに最適化した健康情報を動画で分かりやすく、タイムリー伝えられる「PRISM」への関心が高まっています。
上記背景と共に「VideRepo」の導入先も多様化し、病院、健康保険組合、企業健診、介護事業者、ヘルスケアサービス提供事業者等へのサービス導入が進んでいます。

■提供領域
「VideRepo」はヘルスケアの幅広い領域において、更新性の高いデータを活用し個別最適化(パーソナライズ)した情報を動画で提供することが可能です。
また、医療従事者やサービス提供事業者のコミュニケーションや判断を円滑に行う支援を通じて、ヘルスケア領域の生産性向上にも取り組んでまいります。

●提供イメージ

 

■活用パターン例
①健康診断データを活用した健康アドバイス支援
課題:紙による診断結果への項目や数値への理解度が低い、再検査受診が進まない等
取り組み:一人ひとりの健康診断データをもとに主要な項目をわかりやすく伝え、最適化した健康アドバイスを動画で提供
期待される効果:健康意識の高まり、反応データ取得

 

②ヘルスケアデータを活用した動画レポート
課題:IoT、ウェアラブルによってデータは収集されるが利用者へタイムリーな情報提供が困難、伝わらない
取り組み:サービス側にログインして見に来てもらうのではなく、動画でタイムリーに届く機能を提供
期待される効果:満足度向上、利用頻度向上、行動変容

 

③介護利用者データにもとづいた評価レポート
課題:介護職員による要介護者の日常生活動作の評価結果をタイムリー、かつ分かりやすく共有することが困難
取り組み:介護利用者の日常生活動作の評価データをもとに、動画によるレポートを要介護者と家族に提供
期待される効果:理解度向上、意欲向上、満足度向上

 

■代表者コメント
●AMN/クリエ・ジャパン 代表取締役社長 上田 怜史
健康データやヘルスケアデータの活用は様々な分野で推進されていますが、情報を提供する利用者や医療従事者、事業会社にとって有益な情報共有という観点で課題と大きな可能性を感じております。
様々なデータを活用し、1人ひとりに最適化した動画で「分かりやすさ」や「更新性」を通じて既存サービスの付加価値向上や商品開発、働く方々の生産性向上に貢献してまいります。

 

■「データ×動画」で実現するDXソリューション「PRISM(プリズム)」
「PRISM」※はユーザー情報をもとにサーバ上で自由に動画を組み合わせ合成することで、ユーザーの特性に最適化した動画を大量かつリアルタイムに生成し提供することが可能な動画DXテクノロジーです。
この技術により、利用者のニーズに沿った動画の活用が可能になり、購買促進や、解約率の低下といった課題を解決します。
※特許取得済  日本:特許第6147776号、中国:特許第201580072669.4号
国際特許出願済
URL: https://www.pr-ism.jp/

 

■株式会社クリエ・ジャパンについて
クリエ・ジャパンは、顧客一人ひとりのデータに合わせて動画を最適化できる動画DXテクノロジー「PRISM」(特許取得技術)により、動画を活用したOne to Oneマーケティングの実現など、企業の顧客コミュニケーションを支援しています。
URL:https://crea-japan.com/

 

■アジャイルメディア・ネットワーク株式会社(AMN)について
AMNは『個の力を最大化し、“小さな経済”を成長させる』をミッションに事業を展開しています。製品/サービスのマーケティング活動をファンと共に推進する「アンバサダープログラム®」や、動画DX特許テクノロジー「PRISM(プリズム)」、D2C/SMBサクセスを支援する「デジタルパンダ」「ヘアスタディ」、リテールマーケティング基盤「CATAPULT(カタパルト)」事業を、日本及び海外で展開しています。
URL: https://agilemedia.jp/

 

<本案件に関するお問い合わせ先>
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 (担当:大戸)
東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル  https://agilemedia.jp/
Tel:03-6435-7130 Fax: Fax:03-6435-7131 press@agilemedia.jp