NEWSお知らせ

実際にレビューして太鼓判を押した商品のみを紹介「STAMP WORKS」

2019年09月19日 プレスリリース

岩手発の「鉄のフライパン」からME-BYO BRAND県認定商品まで取り扱いスタート

 

企業やブランドのファン育成・活性化を支援するアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田怜史 東証マザーズ上場:証券コード6573 以下AMN)は、商品の市場導入前のテストマーケティングと販売促進を支援する『CATAPULT(カタパルト)』のサービスの一環として、「STAMP WORKS(スタンプワークス) 」( https://stamp-works.jp )をスタートします。

●背景
よい商品だと思うのに消費者に伝わらない、どうやって良さや特長を伝えていったらわからない、といったメーカーの声を耳にします。情報が溢れた社会であっても、その本質を伝えていくことが困難であることは変わっていません。「STAMP WORKS(スタンプワークス) 」では、編集部と一緒にレビューして太鼓判を押すメンバーを「AUTHOR(オーサー)」と呼んでいます。AUTHOR(オーサー)が興味をもった商品のみだけを取り上げますが、取り上げた商品に関しては、メーカー発信の情報だけでは伝わらない商品の魅力を紹介し、利用者目線のレビューを行っています。

●「STAMP WORKS」とは
世の中には、まだ私たちが知らない魅力的なモノがたくさん埋もれています。また、知っているけど情報が少なすぎて購入するに至らないモノもたくさんあるでしょう。
「STAMP WORKS」では、実際に編集部とコミュニティメンバー(AUTHOR)がレビューし、納得した商品のみを紹介・販売するストーリーコマース型のセレクトショップです。エリアにとどまらず「まだ見ぬ魅力を体験し提案する」をコンセプトに、魅力的な商品やサービスに「太鼓判(STAMP)」を押してまとめていきます。

●STAMP WORKSで紹介・販売中の商品
岩鉄鉄器 ダクタイルパン|大手お取り寄せサイト主催イベントで北海道・東北エリア1位に

鉄のフライパンの課題であった「手入れ」「手間のかかる洗い方」を長年の技術で解決した岩鉄鉄器の「ダクタイルパン」。油ならしなどの作業がいらない他、食洗器で洗うことができるのも特徴の1つです。
また、鋳肌特有の凹凸を活かしたダクタイルパンは、焦げ付きにくくその使用感に驚くユーザーが増えています。STAMP WORKSでは、7名のAUTHORが実際にその実力を実感!「焼き餃子が菜箸でとれてしまった」「23年間、どんな調理器具も超えられなかった我が家の鉄のフライパンの序列がついに入れ替わってしまいそう」「簡単にパラパラなチャーハンが作れてしまう。」など実際に体験した様子をレビューしています。
<商品販売元> 岩手製鉄株式会社
<商品詳細>  https://stamp-works.jp/iwatetsu-ductilepan/

<ダクタイルパン・AUTHORレビュー>
1.《10品料理レポートあり》『岩鉄鉄器ダクタイルパン』は料理初心者からプロまでおすすめのフライパン!
https://stamp-works.jp/iwatetsu-ductilepan-review04/
2.胡散臭い程に絶賛してしまう!ダクタイルパンに猛烈感動
https://stamp-works.jp/iwatetsu-ductilepan-review05/
3.「ダクタイルパン」メンテ不要で焦げ付きもゼロ!?常識を覆した鉄フライパン
https://stamp-works.jp/iwatetsu-ductilepan-review03/
4.軽い&手入れがラク!主婦が認めた鉄フライパン・岩鉄鉄器ダクタイルパン
https://stamp-works.jp/iwatetsu-ductilepan-review02/
5.鉄なのにテフロン加工のように使い勝手がいい岩手製鉄のダクタイルパンは煮物にも大活躍!
https://stamp-works.jp/iwatetsu-ductilepan-review06/
6.鉄器とフッ素加工のいいとこどりな岩鉄鉄器のダクタイルパンで料理の味がアップグレードした
https://stamp-works.jp/iwatetsu-ductilepan-review01/

AUSIROシリーズ|ME-BYO BRAND(未病ブランド)として神奈川県から認定

目指したのは「殺菌」ではなく「菌の成長を抑制・自己融解」。新しい視点から生まれた「浄菌スプレー」は、毒性もなく副作用もないので小さいお子さんから犬や猫にも使うことができます。AUSIROシリーズの浄菌スプレーは、安心安全で浄菌効果は約6時間。新しい技術が浸透するのに時間がかかりますが、ついに神奈川県からME-BYO BRAND(未病ブランド)として認定された商品です。まだ、STAMP WORKSではAUTHORが開発者へインタビューを実施。開発に至った想いを理解した上で、レビューを行っています。

<商品販売元> 株式会社ナノカム

「AUSIRO plusシリーズ」

アルコール、防腐剤、保存料、金属も使用せず、安心安全を突き詰めています。ほのかなラベンダーの香りがするので、お好みでご購入いただけます。
<商品詳細>https://stamp-works.jp/ausiroplus-series/

「AUSIRO neuシリーズ」

AUSIRO plus同様、アルコール、防腐剤、保存料、金属を使用していません。無香料タイプなので、 香りが気になる方もちろん犬や猫にも使用可能です。
<商品詳細>https://stamp-works.jp/ausironeu-series/

<ナノカム・AUTHORレビュー>
1.お出かけのお守りに!菌を殺さない抗菌スプレー「オウシロ」
https://stamp-works.jp/nanocame-review-2/
2.小さな子供にも使える!AUSIROでシュッと除菌することで日々の生活が安心なものに
https://stamp-works.jp/nanocame-review-1/

抱かれ枕 アーチピローFUN|トップアスリートも愛用する新しい形の枕

「抱かれ枕 アーチピローFUN」は、その名の通りアーチ状になった独特の形で体を優しく支えることで、包み込まれる安心感と体への負担を軽減してくれる枕です。
最大の特徴は、左右に伸びたアーチ状の構造。「抱き枕が左右にあったら便利よね?」という声から誕生した抱かれ枕は、色々な寝相に対応しているだけではなく、医学的にもその効果が認められています。
また、特徴を理解するための体験会を実施。この枕を利用するとどうして体の負担が軽減されるのかという仕組みを理解した上でのレビューは、読む人をひきつけます。
<商品販売元> 眠り製作所
<商品詳細>  https://stamp-works.jp/archpillow-fun/

<抱かれ枕 アーチピローFUN・AUTHORレビュー>
1.私は今夜も枕に抱かれて眠りの世界に旅立ちます。
https://stamp-works.jp/arch-pillow-review-2/
2.「抱かれ枕」で優しさに包まれるまでの7日間
https://stamp-works.jp/arch-pillow-review-1/
3.呼吸が楽になるのがすぐわかる!「アーチピローFUN」
https://stamp-works.jp/arch-pillow-review-3/

●今後の展開について
今後は、AUTHORのレビューを生かした販促支援、また、より広く商品の特長を伝えていくための動画撮影や首都圏でのポップアップショップの支援など販売に関わるすべてをサポートしていきます。

◆アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)について
AMNは『世界中の“好き”を加速する』をビジョンに、ファンと企業/ブランドの会話やコミュニケーションを支援する事業を展開しています。製品/サービスのマーケティング活動をファンと共に推進する「アンバサダープログラム®」や、成果報酬型テスト販売プラットフォーム「CATAPULT(カタパルト)」を日本及び海外で推進しています。
URL(AMN日本):https://agilemedia.jp/
URL(AMN台湾):
https://agilemedia.tw/

◆「STAMP WORKS」(スタンプワークス)について
「STAMP WORKS」は、実際にレビューして納得した商品のみを紹介するセレクトショップです。
魅力的な商品に「太鼓判(STAMP)」を押して「購入したい人」の不安を解消し、まだ知られていない優れた商品やこだわりの逸品を紹介していきます。世の中には、まだ私たちが知らない魅力的なモノがたくさん埋もれています。私たちSTAMP WORKSは、エリアにとどまらず「まだ見ぬ魅力を体験し提案する」をコンセプトに、魅力的な商品やサービスに「太鼓判(STAMP)」を押してまとめていきます。
また、私たちと一緒に太鼓判を押すメンバーを「AUTHOR(オーサー)」と呼んでいます。各々のライフスタイルの中で体験した魅力をお届けすることで、より深い理解と価値を発信していきます。日本国内にとどまらず、海外でも活動していく予定です。
URLhttps://stamp-works.jp

<本案件に関するお問い合わせ先>
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 (担当:井上、中野)
東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル  https://agilemedia.jp/
Tel:03-6435-7130 Fax:03-6435-7131 press@agilemedia.jp