NEWSお知らせ

つぶやきまとめサイト「ハイボールなう!」の実験開始

2009年12月15日 プレスリリース

つぶやきまとめサイト「ハイボールなう!」の実験開始
~Twitter上のハイボールに関するつぶやきを自動的にまとめてグラフに可視化~


カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区:代表取締役 徳力基彦、以下AMN)は、AMNとさくらインターネットが共同で運営している『ブログラボ』上で、特定のテーマに関するTwitter上のつぶやきを収集するサイトの実験として「ハイボールなう!」のPC版及び携帯版の運営を開始することを、本日発表致します。
■つぶやきまとめサイトの概要
つぶやきまとめサイトは、Twitter上のつぶやきから特定のテーマに関するつぶやきを自動的に収集し、まとめて表示するサイトです。
Twitterは非常にリアルタイム性の強いコミュニケーションツールで、企業のマーケティングにも活用できるプラットフォームとして注目されていますが、一方でその高いリアルタイム性の反面としてTwitter利用者以外に話題や盛り上がりが見えづらいという特性があります。
そこでAMNでは、特定のテーマに関するつぶやきを集約することで、Twitter利用者はもちろん、利用者以外にも盛り上がりが可視化されることによる価値が生まれると考え、つぶやきまとめサイトの開発を行いました。
つぶやきまとめサイトでは、先日リリースを行った「Twitty」の技術を活用し、Twitter上の発言から特定のテーマに関するつぶやきを収集し、分析を行っています。
発言の件数を時系列や日程、発言者別等で類型化を行い、グラフ化等により可視化をすることで、発言が行われる傾向を確認することも可能です。
また、携帯電話でも閲覧できるように、携帯版つぶやきまとめサイトも生成できます。
■ハイボールなう!の概要
なお「ハイボール」は、日経MJが先日発表した2009年ヒット商品番付においても西の前頭にランクインするなど、昨今注目を集めているキーワードですが、ブログやTwitterなどのソーシャルメディア利用者における認知度も高いため今回の実験のテーマに選択しました。
つぶやきまとめサイト『ハイボールなう!』では、すでに10月より本日までで1万件を超えるつぶやきが行われたことが計測されており、つぶやきのピークは午前0時になることが多いことが確認されています。
また直近の一週間において最もハイボールに関するつぶやきが多かったのは12月8日火曜日でしたが、これは同日「ウイスキーラバーズアワード2009」が開催され、受賞者の北野武氏や小雪氏がハイボールについて発言していた影響が大きいものと考えられます。
なお、AMNでは12月16日にAMN忘年会をハイボールナイトというテーマで開催し、その場においてもつぶやきまとめサイトの実験を行う予定です。
AMNでは、「ブログ」と「Twitter」を組み合わせることで、新たなメディア開発や、企業のマーケティングへの効果的な活用が可能になると考えており、今後『ハイボールなう!』を『ブログラボ』のプロジェクトとして運営し、データの収集等を行うことで、ノウハウの蓄積や検証を行っていく予定です。
■『ハイボールなう!』PC版の URL: http://agilemedia.jp/highball_now
■『ハイボールなう!』携帯版のURL: http://agilemedia.jp/highball_now/m/
■サイトイメージ
highballnows.png
■『Twitty』について 
『Twitty』は、AMNのエンジニアである福田一行が個人で運営しているサービスで、Twitterユーザーが自身のつぶやきの中で取り上げているサイトのリンク情報をリアルタイムで自動抽出し、まとめて表示するサイトです。サイトやニュース記事だけでなく画像や動画、2ちゃんねるのスレッドなど、各カテゴリ別に注目のページをランキング形式で掲載しています。
また、ブログなど個別のサイトやページに対してTwitter上で書かれている発言を一覧で表示することができるため、個々のサイトやページがどのような取り上げられ方で盛り上がっているのかも簡単に確認することができます。