NEWSお知らせ

【調査】AMN・原田産業「飲食店の衛生に関する意識調査」

2010年12月21日 プレスリリース

宴会シーズン、ノロウイルスの流行警報で高まる関心
「飲食店の衛生に関する意識調査」
外食先での衛生管理に「不安」を感じた経験あり 70%
~気になる部分は「テーブルの清潔さ」や「ふきん類のニオイ」~


食品・外食業界向けの除菌・抗菌性に優れたコットン不織布製カウンタークロス「ガイアコットクロス」の販売を行う総合商社の原田産業株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:原田壽夫)は、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社(本社:渋谷区、代表取締役:徳力基彦、以下AMN)と共同で、主婦および独身男女800名を対象とした「飲食店の衛生に関する意識調査」をまとめましましたので、お知らせいたします。
12月9日東京都は、ノロウイルスなどを原因とする感染性胃腸炎の集団感染が多く報告されているとして、発生事例報告件数のデータを添え流行警報を発令しました。 これを受け、クリスマス、忘年会、お正月など外食のハイシーズンを迎えるこの時期に、消費者の外食先で気になる衛生管理について上記意識調査を行った次第です。
■「飲食店の衛生に関する意識調査」の概要と回答ピックアップ
●調査方法 :ネット調査 ●年代:20代~40代●サンプル数:全国在住男女800名
■あなたが、外食で飲食店に行った時、お店で衛生管理に「不安」を感じた経験はありますか?
「飲食店で衛生管理に不安を感じた経験がある」……70.2%
飲食店調査1.png
■飲食店で気になるポイント
1位「テーブルの汚れ・テーブル拭きの清潔さ」
2位「グラスやお皿など食器類の汚れ」
3位「おしぼりのニオイや汚れ」
4位「ゴキブリなどの虫」
5位「キッチンや厨房の清潔さ」
・食器が汚れているときや、お店の人の制服が汚れているのを見た時不安に感じた(30代、女性、主婦)
・食器類がきれいに洗えてない事があったので不安に感じた
(30代、女性、未婚)
・おしぼりは再利用されていて、どのくらい清潔さがあるのかとても不安
(30代、女性、主婦)
・おしぼりに「ニオイ」が残っていたりすると衛生的に不安になる(20代、女性、主婦)
・ふきんが汚かったりすると不衛生に感じ、その汚いふきんで拭いて、菌を塗り広げているように感じる。
(30代、女性、主婦)
・テーブルなどを拭くダスターなどは、いつも同じものを何度も使っているように思う。忙しそうなので
除菌まではできていないように思えた。(40代、男性、未婚)
・席についたとき、テーブルが拭いた直後らしく少し湿っていると「どんな物で拭いたんだろう」と気になってしまう。(30代、女性、未婚)

~まとめ~
今回のアンケート調査では、飲食店の「衛生管理」に対して消費者が不安感を強く持っていることが分かる結果となりました。特に、接触頻度が高いということか、料理や食器の清潔さ以上に、直接触れるテーブルの衛生面をチェックしており、テーブルを拭くふきん・ダスターに対しての衛生管理の目が厳しいことが伺えました。また、自身の手に触れるおしぼりやふきんのニオイ、衛生面にも強い関心を持っていることが伺えました。
実際、他店舗で行った抗菌試験では、ダスターやレーヨンクロス等数多くのふきんが現場で使用されている一方で、その衛生管理が不十分であったり、系列チェーン店でも店舗によっては衛生状態にバラつきがあるということが分かりました。そのため、最近の外食店の傾向として「ガイアコットクロス」のような、クロス内の細菌類の繁殖を抑制することが出来、混雑時や店舗ごとの異なる現場でも同水準の管理が行える抗菌性素材を活用したカウンタークロスの使用が進みつつあります。
原田産業株式会社が飲食店向けに販売している「ガイアコットクロス」は、財団法人日本食品分析センターにて、カリシウイルスに属するネコカリシウイルス(一般にノロウイルスの代替ウイルスとして実験に用いられている)を用いたウイルスの繁殖に関する検証をしたところ、一般のレーヨンふきんではウイルス感染価が6.5log TCID50/mlであったのに対し、ガイアコットクロスでは<2.5 log TCID50/ml(検出せず)となり、ガイアコットクロスではノロウイルスの増殖をおさえる効果が確認されました(第10071927001-01号 2010年9月23日)。ノロウイルスの伝播には「調理器具等からの汚染」や「調理従事者からの食品汚染」、「おう吐物の処理」をはじめ、接触が原因となる場合が極めて多く、外食の現場にとっては、如何に「従業員の手洗い」や「まな板、ふきんの除菌」を徹底させるかだけでなく、「ドアノブ」・「テーブル」からの二次感染を含めたウイルス管理が課題となる中、原田産業の「ガイアコットクロス」は忙しい外食の現場での衛生管理に貢献できる商品として高い評価を頂いております。
(※ガイアコットクロスは、『フルガードクロス』の商品名で、小売店の生活雑貨コーナーやアマゾンなどの通販サイトで一般販売を行っています。)
■外食店舗の「ふきん」の衛生管理にいち早く取り組んでいる、有名外食店舗の取材調整や、外食店舗の衛生管理の専門家のご紹介も可能ですので、ご希望の際は巻末担当:森下まで御連絡ください。
<原田産業株式会社に関して>
原田産業株式会社は、87年の歴史を持つ総合貿易商社であり、機械から実務用資材、日用雑貨まで幅広い商材を、造船、IT、医療、食品などの様々な業界向けに取扱っています。業務用業務用資材/日用雑貨の分野では、現在主力商品として素材に銅イオンを導入し、強い抗菌力と高い対ウイルス効果・消臭機能を実証した次世代カウンタークロス『ガイアコットクロス』を食品工場、外食店舗や観光・ホテルなどの業務用向けに販売を行っております。
『ガイアコットクロス』は漂白消毒しなくても水に濡らすだけで高い抗菌効果を発揮し、また、繰返し使用できる天然コットン素材と体にやさしいイオンを使用しているため、安心してお使い頂けるのも特徴です。ふきんやテーブルからのいやな臭い・洗濯消毒の手間などの問題解決や、オペレーションの徹底を実現するだけでなく、漂白剤・洗剤の使用を低減することで環境への負荷を減らしました。尚、同社では「ガイアコットクロス」と同素材のキッチンふきん『フルガードクロス』を一般家庭向けにも販売しております。
『フルガードクロス』商品サイト HP http://fullguard-harada.jp/
<商品のお問い合わせ先>
原田産業株式会社 コンシューマープロダクトチーム 
Tel: 03-3213-5067 Mail: consumer-p@haradacorp.co.jp
<取材に関するお問合わせ先>
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 (担当:森下)
Tel:03-5774-1920 Mail:press@agilemedia.jp