NEWSお知らせ

【調査】ヌーラボ・AMN「プロジェクトに関する意識調査」プロジェクトの成功条件は【褒めコミュニケーション】

2010年01月27日 プレスリリース

AMNとヌーラボ共同調査:「プロジェクトに関する意識調査」
「褒められて伸びる」タイプが最多な現状、成果をあげるチームとは?
「お互いコミュニケーションがよく取れているチーム 51.1%」
番外編:
「エクセル・ワードで進捗管理 59.6%」「個人のITツール活用 17.4%」


カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:徳力基彦、以下AMN)は、アジャイル開発で柔軟に迅速にソフト開発を行う株式会社ヌーラボ(福岡市博多区、代表取締役 橋本正徳、以下ヌーラボ)の新サービス「Backlog スター」の提供開始にあたり共同で、現在複数名のプロジェクトに携わる全国800名の男女を対象とした【プロジェクトに関する意識調査】を実施しましたので、調査結果をお知らせ致します。
ヌーラボの「Backlog スター(バックログ・スター)」は2010年1月27日より提供が開始されるチームワークを促進するプロジェクト管理ツールです。
これまでのプロジェクト管理ツールは、「マネジメント視点」を優先した各種管理機能は充実していましたが、それを活用するプロジェクト現場で最も重要視されている「コミュニケーション」(調査結果参照)を促進する試みは十分であるとはいえませんでした。
そこで「Backlog スター」では、従来の業務管理に加えて、感情を表現し易くする「絵文字」「アイコン」、プロジェクト遅延を可視化する「バーンダウンチャート」、頑張ったメンバーに対して他のメンバーが感謝を表現できる「スター」の付与機能等を通じて、様々な環境下におかれているメンバー同士が、気持ちよくチームワークを図れる機能を充実させています。
sc0012.png


~~~~~~調査概要~~~~~~
■調査方法:インターネット調査 
■実施期間:2010年1月21日~22日
■調査対象:全国在住、20代~40代男女、仕事で複数名によるプロジェクトに参加している方 
■サンプル :800人(20代123名・30代355名・40代322名)
~調査結果ピックアップ~
■コミュニケーションでトラブルを経験したことがある
・・・・・・ 62.5%
■成果をあげられるチームとは?
「コミュニケーションがよく取れているチーム」・・・・・・51.1%
■携わりたい仕事は?
「個人成果主義」よりも「チームで成果を分かち合える仕事」・・・・・・60.5%
■自分はどうされたら成果が出せるタイプ?
・・・・・・1位「褒められて伸びるタイプ」
■個人レベルでタスク管理にITツールを活用
・・・・・・17.4%

~~個人レベルのITツール活用事例~~
■データをオンラインストレージに保存し、出先から編集できるようにしている
(30代、男性、企業のIT・システム担当、チームメンバー)
■ガントチャートツール、問題管理シートを使用して情報整理
(40代、男性、システムエンジニア、管理責任者)など

※アンケートデータ詳細はコチラをご覧ください。

~「Backlogスター」の概要~
■サイトURL:http://www.backlog.jp/star
■導入対象:個人(サークル/勉強会、SOHOなど)、法人
■価格  :個人向け(無料版、1,890円/月)
法人向け(5,040円/月~)
■販売方法:ASPまたはパッケージサービス
※一般携帯・スマートフォン対応
<こんな問題を解決!!>
メールでのタスクの共有・管理に限界を感じている
タスク・スケジュールの管理が埋もれてしまう
外出先で最新タスクが確認できない
チーム間で情報共有ができていない



sc0011.png


sc0014.png


star0013.png


▲フィードバックも思わず柔らかくなる可愛いデザインの管理ツール
~株式会社ヌーラボについて~
株式会社ヌーラボは2004年にアジャイル開発を掲げて福岡で設立。以来、迅速で柔軟なシステムやツールを手がけてきました。Web版ドローツールの「Cacoo」や、チームコラボレーションをサポートするソフトウェアを提案していきます。
■HP :http://www.nulab.co.jp/
■会社名: 株式会社ヌーラボ  ■代表者 : 代表取締役 橋本 正徳
■資本金: 1,200万円 ■設立 : 2004年3月
■所在地: 福岡市博多区中州5-5-13 KDC福岡ビル7F(本社)
東京都渋谷区神宮前6丁目19番16号 越一ビル606(東京支店) 
<本リリースに関する報道関係者からのお問い合わせ先>
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社(担当:森下)
メール:press@agilemedia.jp