NEWSお知らせ

10月15日に「気候変動」をテーマにBlog Action Day’09が開催

2009年10月09日 プレスリリース

10月15日に「気候変動」をテーマにBlog Action Day ’09が開催
~AMNが日本のパートナーとしてサイトの日本語化やPRを支援~


カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区:代表取締役 徳力基彦、以下AMN)は、2009年10月15日に、世界中のブロガーが「気候変動」や地球温暖化問題について議論するBlog Action Day’09の開催にあたり、日本のパートナーとしてBlog Action Day’09の日本語サイトを公開したことを発表致します。
■2009年のテーマは「気候変動」
Blog Action Dayは、2007年に「環境」をテーマに第一回が初めて開催され、2万以上の世界中のブログが参加したイベントです。
Blog Action Dayは非営利のイベントとして運営されており、大きな社会問題についてそれぞれの視点から同時に多くのブロガーが議論することで、その問題についての意識や国際的な議論を巻き起こすことを目指しています。
Blog Action Day’09においては、ブロガーは、10月15日木曜日に、「気候変動」をテーマにしたブログを書くことで、イベントに参加することができます。
なお、今年からイベントの運営は、世界最大の社会問題をテーマとしているブログネットワークである Change.orgに移管され、より大規模な展開を見込んでいます。
Change.orgは、今回「気候変動」をテーマに選択した理由を下記のように述べています。
「地球温暖化に代表される気候変動は、環境だけの問題ではなく、世界中の人びとの生活に様々な形で影響している問題です。気候変動が、食糧不足、洪水、戦争や、1億5千万を超える難民の原因の一つとなっているとも考えられているのです。
気候変動問題の緊急性や、今年の12月にコペンハーゲンで開催される国際会議が迫っていることを踏まえ、私たちはブログコミュニティが気候変動をテーマとして、この問題を解決するための持続的なソリューションを議論する機会を持つことが重要だと考えました。
今なら、まだ間に合うはずです。」
すでに、世界のトップ100ブログ(Technorati.comによる)のうち11ものブログが、今年のBlog Action Dayに参加することを表明しています。
なお、Blog Action Dayには、ブログをお持ちの方であれば誰でも自由に登録を行うことができます。
■AMNが日本のパートナーとして活動を支援
AMNでは、Blog Action Dayの「世界中のブログが1つの話題を議論することで何かが変えられるはず」という理念に賛同し、昨年に引き続きBlog Action Dayのサイト翻訳やPR活動の支援を行います。
(現時点で、ブログアクションデイのサイトは、AMNが翻訳に協力した日本語を含め、スペイン語やポルトガル語から、ベトナム語、トルコ語など9カ国語に翻訳されています。)
■ブログアクションデイ日本語ページはこちら
 http://www.blogactionday.org/jp
badsite2009.jpg
■Blog Action Dayについて
ブログアクションデイは、世界中のブロガーが一年に一日だけ、同じ一つのテーマについての記事を投稿しようというイベントです。
ブログアクションデイは、2007年の夏にCollis と Cyan Ta’eed によって開始されました。
オーストラリアのEnvatoのチームや多数のボランティアの支援の元、彼らは2万人を超えるブロガーに「環境」というテーマをブログで話題にしてもらうことで、最初のブログアクションデイを記録的なイベントとすることに成功しました。
2009年、Collis と Cyan は世界最大の社会問題をテーマとしているブログネットワークである Change.orgに対して、ブログアクションデイの活動をより広げるために運営の移管を提案。
今年からブログアクションデイはChange.org,の元で運営されることになります。