NEWSお知らせ

「プロジェクトに関する意識調査」プロジェクトの成功条件は【褒めコミュニケーション】

2010年01月27日 お知らせ

炎上しているプロジェクトは、何に問題があるのでしょうか?
このたび、アジャイル開発で柔軟に迅速にソフト開発を行う株式会社ヌーラボとAMNは、共同で現在複数名のプロジェクトに携わる全国800名の男女を対象とした【プロジェクトに関する意識調査】を実施いたしました。
20代~40代男女、仕事で複数名によるプロジェクトに参加している800名の男女を対象に調査を実施したところ、62.5%が 「コミュニケーションでトラブルを経験したことがある」と回答しました。
nulab_001.jpg
半数以上の人が、コミュニケーションが原因で問題が発生あることがわかってきました。
複数名によるプロジェクトですと、「情報共有」がキーになっているようです。
あなたの参加しているプロジェクトでは、どのようにメンバーの個別タスクや、全体タスクの管理・共有をされていましたか?の問いの回答に、具体的な原因が見えてきました。
nulab_002.jpg
共有していたエクセルが同期されておらず、進捗認識がずれてトラブルになった
(20 代、女性、企画、チームメンバー)
お客様との共有資料にコチラ側の余分な報が入ったままメールで送ってしまった
(30 代、女性、Web クリエイター、管理責任者)
情報の共有方法の明確化や資料をチェックする仕組みがないことが原因のようです。
nulab_003.jpg
このような原因は、プロジェクトの進捗会議等で意識を合わせることで解決できそうですが、進捗会議についてフィードバック、コミュニケーションに満足されていますか?の問いの回答をみると、44.0%もの人が「進捗会議」のコミュニケーションに何かしら不満があると回答しています。
コミュニケーション能力と簡単に言ってしまいますが、能力だけではなく、何かツールを利用してコミュニケーションを図れないのでしょうか。
ヌーラボの「Backlog スター(バックログ・スター)」は2010年1月27日より提供が開始されるチームワークを促進するプロジェクト管理ツールです。
Backlog003.jpg
Backlog スター」では、従来の業務管理に加えて、感情を表現し易くする「絵文字」や「アイコン」、プロジェクト遅延を可視化する「バーンダウンチャート」、頑張ったメンバーに対して他のメンバーが感謝を表現できる「スター」の付与機能があります。
Backlog001.jpg
Backlog002.jpg
つまり、プロジェクトメンバー同士が、気持ちよくチームワークを図れる機能を充実させているのです。
ちょっと頑張った人に、褒めてあげたいと思いますが恥ずかしさが先行して案外褒めることって出来ませんよね。
頑張った人には、ちゃんと褒めてあげる仕組みが大切で、褒められて楽しく仕事をするツールである「Backlog スター」を導入して、プロジェクトを進めていってみてはいかがでしょうか?