NEWSお知らせ

「社会人の学びに関する意識調査」 学習3種の神器の第一位は、パソコン・ネットブック

2010年01月08日 お知らせ

新年を迎え、みなさんは何を今年の目標にしましたか?
このたび、「N-Academy(エヌアカデミー)」を運営するNTTナレッジ・スクウェア株式会社とAMNは、共同で『社会人の学びに関する意識調査』 を実施いたしました。
25歳から35歳を対象に男女800名に調査を実施したところ、48.1%が 「今年、挑戦したい事がある」と回答しました。
その内訳は、下記となっています。
1位「資格取得」
2位「語学の勉強」
3位「スポーツ」
1位も2位どちらもビジネスに直結するスキルを高めたいという傾向があることが分かります。
yd_business.jpg
その中でも「学んでみたいと思うものがある」と答えた方の理由のランキングを見ても、「ビジネスの知識やスキルを日ごろの仕事で使いたいから」(48.3%)がトップ。
3位にも「ビジネス系の資格を取得し、今後のキャリアアップにつなげたいから」(37.1%)が続き、学習への関心が高いことが分かります。
そのようなアラサー社会人の「学習3種の神器」を確認してみると、
1位「パソコン」
2位「携帯電話」
3位「MP3プレイヤー」となりました。
yd_business2.jpg
携帯電話(iPhoneやアンドロイド携帯)も進化し続けており、つい先日Googleは「Nexus One」も発表しましたね。
このようなデジタルに集約されるかと思いきや「付箋/メモ」「手帳」も上位にランキングされているところをみると、いかにデジタルとアナログをうまく取り入れるかがカギになりそうですね。