NEWSお知らせ

「ビジネスパーソンの健康管理に関する意識調査」59.4%が身近な携帯での健康管理ツール活用に関心あり

2010年09月17日 お知らせ

みなさんは、日頃から運動されていますか?
fuji11.jpg
このたび、携帯電話とパソコンを活用した健康増進サービス「深体創工房」を提供している富士通株式会社とAMNは、共同で30歳から60歳までの男女552名に対して【ビジネスパーソンの健康管理に関する意識調査】を実施いたしました。
30歳から60歳までのビジネスパーソン男女552名を対象に調査を実施したところ、全体の60.0%が「健康を意識しているが、現在「健康のためのからだづくり」を行えていない」と答え、60.1%が、からだづくりで「挫折経験がある」と回答したことが分かりました。


「からだづくり」において過去の挫折経験を聞いたところ、
fuji2.png
「非常に何度もある」5.1%
「何度もある」50.3 %
「1回だけある」4.7%
「全くない」39.9%
という結果に。
さらに、挫折経験が過去1回以上ある人の合計は、60.1%となり、ビジネスパーソンの半数以上は、「からだづくり」において過去、何らかの挫折を経験していることが分かりました。
「からだづくりのために重要」と思っているものを聞いたところ、
fuji3.png
「時間の余裕」68.1%
「お金の余裕」39.7%
「正しい知識」31.5%
となりました。
挫折してしまうのは、時間に余裕がなく多忙がゆえに続かないというのが見えてきます。
他にも、「お金の余裕」「正しい知識」の割合も多く、「からだづくり」において効率性やコスト、知識の質にも関心があることが分かりました。
fuji4.png
ビジネスパーソンに実際におこなっていたことがある「からだづくり」を聞いたところ、
日常的なウォーキング」と「日常生活での簡単な運動・ストレッチ」が46.2%を占めました。
やはり多忙なビジネスパーソンのからだづくりは、本格的な運動より、日常生活の中で実施できる程度の活動が主流のようです。
確かに、ジムなどに通うことが一番いいのでしょうがなかなか難しいため、私の周りでも最寄り駅の1つ前の駅で降りて、歩いて帰る人がいますので、身近から出来る工夫をみなさん行っているようです。
fuji5.png
「からだづくり」を支援するツールへの関心を聞いたところ、全体の59.4%が「非常に関心がある」または、「関心がある」と回答しており、多忙なビジネスマンは、健康管理を求めるニーズがありそうです。
健康管理の第一歩は、日頃の体調管理とも言いますし、体重などの変化はやはりグラフで見ていきたいというニーズは、根強いようです。
富士通が提供している「深体創工房(しんたいそうこうぼう)」では、そのニーズにマッチしており、携帯電話とパソコンをリンクさせることで、様々な情報をグラフ表示し、毎日の健康管理がもっと楽しく、もっとカンタンになります。また、サービスによっては、一人ひとりに合わせたアドバイスを1日1回、メールで届けてくれるものもあり、理想のからだづくりをサポートしてくれます。
健康を意識しているが、なかなか時間がないという多忙なビジネスパーソンの方には、おすすめなサービスなので、一度使ってみてはいかがでしょうか?