NEWSお知らせ

AMNのソーシャルメディア上のインパクト測定ツール 「ユーザーチャート」が分析数100万を突破しました!

2012年08月22日 お知らせ

AMNが開発した複数のソーシャルメディアでのインパクトを横断的に測定できる「ユーザーチャート(userchart.jp)」の解析数が100万人を突破しました!
120822_100_01.pngのサムネール画像
▼解析済みユーザーのレベルの分布
120822_100_02.pngのサムネール画像


■73%のユーザーがレベル30未満、高インパクトは2%未満
ユーザーチャートではユーザーのインパクトを分析し2桁の数値で表示しています。今回100万人のアカウントの分布を分析したところ73%のユーザーがレベル30未満という結果になりました。
そのなかでもLv09~10の分布が最も高くなりました。一方、インパクトで順位付けしたインパクトランキング(http://userchart.jp/ranking/total)では、スポーツ選手やタレント、知識人など上位50のユーザーがレベル70以上となり、一般にみても複数のソーシャルメディアを活用して高いインパクトを持っているユーザーとなるLv50以上は全体の2%未満となることがわかりました。
■鍵なしアカウントの4割がキュレーター属性
ユーザーチャートでは、インパクトを測定するだけではなく、ツイッターでの発言傾向を分析して、4つの属性に分類するユーザーマップ機能を提供しています。
【ユーザーマップ機能の4つの属性】
1)キュレーター120822_100_03.JPGのサムネール画像
URLを含む発言数が多いユーザー。
ユーザー同士のコミュニケーションよりも、いま話題のニュースなどをいち早くピックアップして発信することが多い、Twitter上でのニュース発信者的存在が該当します。
例) 佐々木俊尚(@sasakitoshinao)
2)ネットワーカー
URLを含む発言数が多いだけでなくリプライでの会話も多い情報発信と他のユーザーとのコミュニケーションの両方を重視するユーザー。
例) 勝間和代(@kazuyo_k)
3)プレゼンター
URLを含まない公式・非公式RTが多く、発言数も多いユーザー。
自らの意見を多く発言していながら、適宜非公式RTなどを利用して、ユーザーとの会話もしているユーザーがこの属性に該当します。
例)孫正義(@masason)、糸井重里(@itoi_shigesato)
4)コミュニケーター
URLを含まない自身のコメントを発信者する1次情報発信者的存在で、公式RT、非公式RTだけではなく、リプライも多いユーザー。
単なる情報発信よりもユーザーとのコミュニケーションを重視してTwitterを利用しているユーザーがこの属性に該当します。
例)NHKPR(@NHK_PR)
■詳細リリースはこちら:
http://agilemedia.jp/pressrelease/amn_100.html