NEWSお知らせ

AMNが「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」の提供開始

2011年10月26日 プレスリリース

AMNが「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」の提供開始
海外18 ヶ国以上をカバーするStatsit社と提携し、
国内外のリサーチに対応


 カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 徳力基彦、以下AMN)は、このたび企業や製品のソーシャルメディア上での言及状況をレポート化する「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」の提供を開始致しました。なお、グローバルにリサーチプロジェクトを実施しているStatsit社との連携により、米国はもちろん、中国、インド、オーストラリアなど、アジア・環太平洋地域の国々を中心とした18ヶ国のリサーチプロジェクトへの対応も可能になりました。
【Statsitがサポートしているアジア・環太平洋地域の国々の一覧】
statsit.png

■「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」提供開始の背景
 AMNでは、9月に発表した「ソーシャルメディア活用企業調査」など日本企業におけるソーシャルメディアの活用の調査や啓発に取り組み、これまで企業のソーシャルメディア活用において、いきなり公式アカウントを開設したり、広告キャンペーンに活用しようとしたりするのではなく、まず顧客の声を聴く行為である「傾聴」から開始することを推奨してきました。 
 その過程で、米国に比べると日本は、まだまだ「傾聴」や「ソーシャルリスニング」と呼ばれるソーシャルメディア上の言及状況の分析や把握が遅れていることが確認されており、日本では利用者の発言や想いを「聴ける」というソーシャルメディアの最も重要なメリットの一つが有効活用されていないという課題が分かりました。
 また、国内の現場では様々なソーシャルメディアの傾聴ツールがありますが、ブログやTwitter、Facebookなどその傾聴範囲は広く、ツールは複雑化しており、担当者がツールを利用して調査を行う負荷はあがる傾向が見受けられました。さらに、様々な企業の相談を受ける中で、クチコミ分析ツールだけを契約しても、担当者が兼務で多忙な事に加えて、ノウハウがなくツールをどのように利用してデータの分析や解釈を行えば良いか分からないう課題も分かりました。
 そこでAMNでは、このたびソーシャルメディア上の言及状況を俯瞰的に分析し、企業の今後のマーケティング活動の参考になるレポートを作成する「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」をサービスとして開始することと致しました。

■「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」の概要
今回リリースした「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」は、AMNがこうした過去のリサーチプロジェクトでつちかったノウハウを集約して、一つの製品やブランドに関するソーシャルメディア上での言及情報を一通り分析したレポートを作成するサービスとなります。
 日本における一般的なクチコミ分析ツールにおいては、主に広告キャンペーンの実施後に発言数のトレンドが変わっているかどうかという、定量的な分析が中心になります。
 一方で、「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」においては、定性的な分析を中心に、その解釈を掘り下げたり、その製品やブランドに言及しているインフルエンサーの抽出を中心に分析を行います。そのため、その後のマーケティング展開への指針となるインサイトを抽出したり、その後のブロガーやソーシャルメディアユーザーとのリレーションの参考になるインフルエンサーリストを作成することが可能になります。
【Statsit社のリサーチレポートサンプル】
statsit2.PNG

■「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」のグローバル対応
 今回の「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」開始に伴い、AMNではグローバルにリサーチプロジェクトを実施しているStatsit社(マレーシア)との連携を行い、米国、イギリス、フランス、ドイツを始め中国、インド、オーストラリア、ロシアなど、アジア・環太平洋地域の国々を中心とした18 ヶ国以上の国々のリサーチを行う体制も整えました。
 Statsit社は欧米での高度な分析経験を持つアナリスト集団で、グローバルに展開する大企業を中心に、さまざまなリサーチプロジェクトに従事しております。これまでアジア諸国を中心とする対象で1000以上のリサーチを実施しているほか、中国だけでも300以上のリサーチを行った実績をもっています。
 すでに、日本企業の多国籍企業のリサーチプロジェクトの実績も多数ありますが、社内に日本企業とのコミュニケーションを日本語で実施するチームがなかったため、多くの日本企業にその価値を提供することが難しい状況でした。
 そこで、このたび日本企業とのソーシャルメディア関連プロジェクトの実績を多数持つAMNとの提携を行うことで、より一層日本企業へのサービス提供を積極的に実施していきます。

■Statsit社 CEO Mikko Kotila氏のコメント
mikko.jpg
 「アジャイルメディア・ネットワークは、日本の大企業のソーシャルメディア担当者の多数と深いつながりを有しており、グローバル企業に対して多様なリサーチプロジェクトを展開しているStatsitにとって、最適なパートナーであると考えています。Statsitが提供する高度なソーシャルメディアを活用したリサーチが、日本企業が海外展開する上での重要なツールとなると確信しており、今回の提携を通じてこれまで以上に多くの日本企業とプロジェクトを実施できることを非常に嬉しく思っています。」

■ソーシャルメディア傾聴リサーチの詳細について
●サービス名
:AMNソーシャルメディア傾聴リサーチ

●提供開始
:10月26日

●料金  
:国内リサーチ 50万円~ (※調査対象 主にブログ、Twitter)
:海外リサーチ 1万ドル~ (※調査対象 主にブログ、Twitter、掲示板)

●申込方法
AMNウェブサイトよりお問合わせ下さい。

■Statsit社について
 Statsitは、ソーシャルメディア上の会話を分析するマーケットリサーチを実施しています。
マレーシアを拠点に展開することで、欧米での高度な分析経験を持つアナリストを低コストで雇用が可能となり、質の高いリサーチを低コストで提供することを実現しています。
すでにアジア・環太平洋地域において実施したリサーチプロジェクトは1000件を超えており、中国だけでも300件を超えるリサーチプロジェクトを実施してきました。
企業の要望に合わせたリサーチプロジェクトを実施できるのはもちろん、インフルエンサーマネジメントやリアルタイムパネルなど先進的な手法を開発し、市場をリードしています。
URL: http://www.statsit.com/

<本案件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 (担当:徳力、森下)
東京都渋谷区渋谷1-15-8宮益O.Nビル5F  http://agilemedia.jp/
Tel:03-5774-1920 Fax:03-5774-1921 press@agilemedia.jp