アンバサダーサミット レポート

                   
アジャイルメディア・ネットワークでは、ファンやアンバサダーを重視するアプローチを「アンバサダープログラム」と定義し、毎年、アンバサダーサミットで、そのアンバサダープログラムの課題や可能性について議論をさせていただいております。

今回のアンバサダーサミットでは、例年基調講演をお願いしており、書籍「ファンベース」の著者でもあるさとなおさんにもご協力いただき、ファンベースやアンバサダープログラムの考え方を、どうトリプルメディアの組み合わせに展開していくべきかという議論をしたいと思います。

アンバサダーサミットのレポートをダウンロードする

佐藤 尚之 氏 -社内におけるファンベースのファンの増やし方

ファンベースの考え方を理解している人は多い。しかし、それをどう社内で浸透させていけば良いのか

なぜ今ファンベースが必要なのか?
ファンが必要になっている現状の環境を分析してみる

機能価値はコピーできる。けれど情緒価値はコピーできない
様々な商品があり、全てが優れている。その時に大切なものは「機能価値より、情緒価値」であると言える

出口 潤 アンバサダープログラムとトリプルメディア

”アンバサダープログラムだけではなく、包括したマーケティングプランの一環として実施する”
トリプルメディアを人軸に落として考えてみると、 このようになるのではと、考えている。
Owned 社員・スタッフ・関係者
Paid インフルエンサー、広告(UGC 活用の部分)
Earned ファン・アンバサダー
この3つを組み合わせて考えることで、 人軸のアンバサダープログラムが実現可能になっていく。

アンバサダープログラム実施企業

アンバサダープログラムを開始、実施する上で”効果””数字”そう言ったものを求められる。
それを企業担当者はどのように証明し、継続しているのだろうか?

・株式会社サンリオ 志賀 氏 
・アイロボット合同会社 高川 氏
・デル株式会社 横塚 氏
・アシックスジャパン株式会社 松岡 氏

Ambassador Summit 2019 Digest MOVIE

資料請求

アンバサダープログラム、インフルエンサー施策などの資料請求はこちらのフォームにご記入下さい。 資料請求フォームへ

サービスに関するお問い合わせ

アンバサダープログラムやインフルエンサー施策など、サービスに関するご質問は、こちらからご連絡下さい。 お問い合わせフォームへ