スタッフ紹介

経営チーム

写真:上田 怜史

代表取締役社長CEO

上田 怜史

Satoshi Ueda

商社にて建材を取扱い建設会社、設計事務所への営業活動に従事。 2004年シーネットネットワークスジャパン株式会社に入社し広告営業に従事した後。株式会社 ディー・エヌ・エーにて「モバゲータウン(現mobage)」の広告・企画営業を担当。2007年アジャイルメディア・ネットワーク株式会社入社。2009年3月取締役に就任後、2014年3月より代表取締役に就任。
企業やブランドの「熱量の高いファン=アンバサダー」とのコミュニケーション設計・支援、講演活動を行う。
コラム「アンバサダー思考録 ~ソーシャルは”人”なり~」連載中。
茨城県 いばらきインターネットテレビ事業 検討委員会委員

写真:高柳 慶太郎

取締役副社長COO

高柳 慶太郎

Keitaro Takayanagi

2005年明治大学政治経済学部卒業後、楽天株式会社に入社。
ポータルサイト「インフォシーク」の広告営業を経て、楽天ブログなどのCGMメディアの収益化を担当。その後行動ターゲティング、アドネットワーク事業の立ち上げなどに従事。2008年よりアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)に在籍し、現在は「ユーザーチャート」といったサービスを担当しながら、「アンバサダーリワード」「アンバサダーチェックイン」といった新プロダクトのプロデューサーを行なっている。2014年3月には取締役副社長に就任。アンバサダーダッシュボードの企画・運営を中心としたサービス設計や企画を担当している。

徳力 基彦

取締役CMO ブロガー

徳力 基彦

Motohiko Tokuriki

NTTにて法人営業やIR活動に従事した後、IT系コンサルティングファームを経て、2002年にアリエル・ネットワークに入社。情報共有ソフトウェアの企画や、ブログを活用したマーケティング活動に従事。2006年からは、ブログネットワークのアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。2009年2月に代表取締役に就任後、2014年3月からは取締役CMOとして、アンバサダーを重視するソーシャルメディア活用の可能性の啓蒙活動に注力している。
個人でもブログ「tokuriki.com」や複数のコラムを執筆するなど、幅広い活動を行っており、著書に「デジタル・ワークスタイル」「アルファブロガー」等がある。

写真:五十嵐 靖也

CIO 最高情報責任者

五十嵐 靖也

Seiya Igarashi

2005年、株式会社日本技芸に入社。インターネット関連のコンテンツ制作全般及びシステム開発のディレクションを担当。
在職中にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(AMN)の設立準備を経て、2008年には営業職として一時出向。2009年より再び日本技芸にて、大手新聞社のコンテンツ配信システムをはじめとするWebシステムのコンサルティング・開発等に従事。
2013年1月、改めてAMNへ正式に入社。制作業務の他、AMNの持つキャンペーン管理システムや社内インフラの保守管理および改善、新システム導入、情報セキュリティに関するシステム面の整備についてのマネジメントを行う。

社外取締役

高階 匡史

Tadashi Takashina

東北大学工学部卒業後、ヤマハ発動機入社。2000年カシオUSR&Dセンター入社。コーポレートVCファンド設立に参画。2001年KDDI米国研究所入社。米国カリフォルニア州立サンノゼ大学MBA。2003年3月日興アントファクトリー株式会社に入社。2006年3月パートナーに就任(現任)。現在累計約830億円のベンチャーキャピタルファンドを運用。通信、メディア、ソフトウェア、コンテンツ、半導体などを国内外に投資を行っている。 投資先としてフラクタリスト、ゲームオン、AQインタラクティブ、サクセスネットワークス、中国 51AUTO、RockMobile、米国MCNなどがある。

社外監査役

竹田 茂

Shigeru Takeda

1982年日経マグロウヒル(現在の日経BP)入社、調査開発部門にて雑誌創刊などを手がけた後に、1995年インターネット企画部次長、1997年インターネット局企画部長、1999年インターネット事業開発室部長、2002年ブロードバンドビジネスラボ部長、2003年先端技術情報センター企画部長、等を歴任。2004年8月日経BPを退職、同年10月スタイル株式会社設立。早稲田大学大学院国際情報通信研究科非常勤講師(1997~2003年)、ウエブデザインアワード1999審査員、編著:『ネットコミュニティビジネス入門』(日経BP、2003年)、日本印刷技術協会、日本PR協会、XMLコンソーシアム その他にて講演実績多数。

創業者

坂和 敏

Hayashi Sakawa

1989年、慶應義塾大学文学部卒業後、株式会社西武百貨店に入社。同社退職後、株式会社キノトロープ、株式会社ビジネス・アーキテクツにてウェブ制作/ 開発事業に携わった後、2003年よりシーネットネットワークスジャパン株式会社に入社。CNETの「顔」である海外翻訳記事の編集責任者を3年間に渡って務め、連載コラム「Something New」の執筆なども担当。2007年、同社を退職し、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社を設立、代表取締役に就任。2009年2月より取締役。2011年3月退任。

アドバイザー

御手洗 大祐

Daisuke Mitarai

1996年、横浜国立大学教育学部卒業後、日本電信電話株式会社を経て、有限会社(当時)ネオテニーに入社、同社の出資を受けて、バックテクノロジーズ株式会社を設立し、代表取締役に就任。同社の株式を米CNET Networks, Inc.に売却し、日本法人を設立。バックテクノロジーズ株式会社の社名を「シーネットネットワークスジャパン株式会社」に改め、同社代表取締役社長に就任。2004年12月、株式会社日本技芸を設立し、代表取締役社長に就任(現任)。株式会社アイスタイル取締役(非常勤)、株式会社サルガッソー取締役(非常勤)、長野県本人確認情報保護審議会 審議委員(以上、すべて現任)。

アドバイザー

織田 浩一

Koichi Orita

1988年、同志社大学工学部、1999年、シアトルパシフィック大学コミュニケーション学科卒業。1991年、広告代理店第一企画株式会社(現アサツー DK)国際局に入社し、海外ブランドの日本でのマーケティング戦略立案・実施を担当。その後、米シアトルに移住し、デジタルメディアストラテジーズ社を設立、代表に就任(現任)。現在は米シアトルを拠点として、欧米の新広告手法・メディアテクノロジー・IT調査・コンサルティングサービス、記事執筆、講演を行っている。監修書に「テレビCM崩壊?マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0」(Joseph Jaffe著、翔泳社)。「Ad Innovator」編集長。

スタッフ紹介

アンバサダープラットフォーム
reviws
reviws