ウェブの未来を担う可能性を発掘・共有・応援するイベント「WISH2009」開催しました

 8月21日、「ウェブの未来を担う可能性を発掘・共有・応援」することをコンセプトとした弊社主催のイベント「WISH2009」を東京・九段下のベルサール九段にて開催いたしました。
WISH2009 ウェブの未来を担う可能性を発掘・共有・応援
http://agilemedia.jp/wish2009/
 
 当日は400名を超える方に来場いただき、600個用意したパン、スポンサーのサントリーからいただいた300本の「伊右衛門 焙じ茶」もあっという間に無くなるほどの盛況ぶり。運営の準備不足により席を準備しきれず、立ち見となってしまった方々は大変申し訳ありませんでした。 


 イベントでは事前あった62の応募者から、スタッフの審査および一般投票の結果によって選ばれた14の製品・サービスのプレゼンテーションを前後半に分けて実施。持ち時間は1人5分とし、5分経つと照明がやや明るくなり、6分経つと完全に明るくなってプレゼンが強制終了というルールで進めさせていただきました。
210
210 posted by (C)Ya-ko
 また、プレゼンテーションの前には、スポンサーでご協力いただいたライブドアから、「EDGE Co.Lab」の取り組みをご紹介いただきました。
077
077 posted by (C)Ya-ko
EDGE Co.Labは、「一般の開発者を応援したい!」という思いから、サーバーの一定期間無償提供やマネタイズノウハウの提供、ライブドア各種サービスとの連携を開発者向けに提供するプロジェクト。ウェブの未来を担う可能性を発掘しようというWISH2009のコンセプトと共通の認識を持つ施策ということから、今回のイベントにご賛同いただきました。また、各プレゼンターからは「サーバー環境が欲しい」との声もいくつか聞かれ、そうしたサービスとEDGE Co.Labが組み合わさることで、よりよいサービスの開発・運営が期待できそうです。
 ライブドアのプレゼン後はいよいよ14のプレゼンテーションが開始。イベント時はTechStyleの投票システムをご提供いただき、会場の参加者にもプレゼンテーションの内容を4段階で評価いただきました。また、Webサービス運営者やWebニュースメディア、ブロガーの方9名の審査員による審査も行い、会場の投票を50点、審査員の評価を50点とした合計100点で各サービスの評価を行いました。
087
087 posted by (C)Ya-ko
 翌日大阪でイベントがあるために審査員としてご出席いただけなかったミクシィの笠原代表取締役社長からは、WISH2009への応援メッセージもいただきました。ミクシィでは8月24日より、ミクシィ上でさまざまな開発者がアプリケーションを開発できる「mixiアプリ」を開始しており、mixiアプリからもウェブの未来を担うさまざまなアプリの登場が期待されます。

 14プレゼンが終わった後は、審査員の審査と会場投票を集計し、メディア賞5部門とAMN賞、WISH2009大賞をそれぞれ発表。すばらしい14のプレゼンテーションの中から、下記の6サービス・製品がそれぞれ受賞となりました。

プレゼンター サービス・製品名
AMN賞 サイドフィード Joker Racer
Gizmodo賞 慶應義塾大学 Xtel
CNET賞 田口元 ACTION*PAD
ITmedia賞 ランゲート Lang-8
Impress賞 CEREVO Cerevoカメラ(仮称)
BP.net賞 ドレスファイル DRESSPHILE
WISH2009大賞 サイドフィード Joker Racer

また、審査員の方々に審査いただいた5つの基準のうち、それぞれの項目で1位となったのは以下の通りです。

革新性 市場性 事業性 競合優位性 プレゼン
サイドフィード ランゲート ユーザーローカル サイドフィード サイドフィード

 400人を超える人数のため会場は大変混雑してしまい、ご参加いただいた方々にもご迷惑おかけしてしまいましたが、ご来場いただき誠にありがとうございました。そしてすばらしいプレゼンテーションを行っていただいたプレゼンターの方々、審査員の方々、本当にありがとうございました。
 
 また、今回のイベントでは、これらサービスをみんなで盛り上げていきたいという思いから、イベントを支援していただけるサポーター制度を導入。イベントに参加いただいた方には事前の告知やイベントレポートなどでご協力いただいております。
サポーターの方からはWISH2009をイメージしたキャラクター「WISHたん」を作成していただき、WISHのCM動画や、WISHたんを使ったCM動画も作っていただきました。残念ながら音響の関係で当日はこのCMをお見せできなかったのですが、こちらのレポートでWISHたんバージョンを含めて改めてご紹介させていただきます。

 当日の運営も数多くの方々にスタッフとしてご協力いただきました。400人以上の参加者の受付や600個ものパンの配布、会場からのUstreamライブ中継やプレゼンターの誘導、会場の写真撮影、数多くの方々にご協力いただいたおかげで、発表から約2ヶ月という短期間でこのイベントを実現できたと実感しております。本当にありがとうございました。
 
 なお、各プレゼンターにはプレゼンテーション終了後、ブログ「決断ポトフ」のそらのさんによるインタビューも実施しています。プレゼンテーションのご褒美にとハグをしかけるそらのさんとそれに対応するプレゼンターの一挙手一投足がご覧いただけますので、ご興味のある方はぜひアクセスしてみてください。
決断ポトフ – WISH2009 ハグレポート(プレゼン後突撃インタビュー)
http://ketudancom.blog47.fc2.com/blog-entry-159.html
 
 最後になりましたが、イベントの最後にもお伝えしたとおり、ライブ中継も含めた参加者のみなさんには、ぜひ自分が気に入ったサービスや製品をブログなどでご紹介いただけると幸いです。今回のイベントはサービスの順位付けが目的ではなく、よいサービスが世に知られるためのお手伝いこそが狙いです。WISH2009の関連記事は下記で紹介させていただきますので、気に入ったサービスへみなさんの気持ちを届けることで、みなさん自身で開発者の方々を応援してあげてください。
WISH 2009 関連記事一覧
http://agilemedia.jp/wish2009/report/review_25_0.html

アンバサダープラットフォーム
reviws
reviws