Blog Action Day 2008をAMNが日本のパートナーとして支援

10月15日(水)に「貧困」をテーマにBlog Action Day 2008が開催
~AMNが日本のパートナーとしてサイトの日本語化やPR活動を支援~


2008年10月15日に、世界中のブロガーが「貧困」や貧困問題の解決策について議論する、第二回Blog Action Day(以下、ブログアクションデイ)が開催されます。
つきましては、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社(略称「AMN」)(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 坂和 敏)は、ブログアクションデイの理念に賛同し、日本のパートナーとしてPR活動に協力すること、及びブログアクションデイの日本語版ページの翻訳に協力し、サイトが公開されたことを発表致します。
【2008年は「貧困」をテーマに世界中のブログが議論を交わす】
ブログアクションデイは、2007年に「環境」をテーマに第一回が初めて開催され、2万以上の世界中のブログが参加したイベントです。
ブログアクションデイは非営利のイベントとして運営されており、大きな社会問題についてそれぞれの視点から同時に多くのブロガーが議論することで、その問題についての意識や国際的な議論を巻き起こすことを目指しています。
ブロガーは、10月15日水曜日に、貧困をテーマにしたブログやポッドキャスト、動画などを配信したり、ブログアクションデイのパートナーであるTheGlobalFund.orgやKiva.orgなどに寄付をすることでイベントに参加することができます。
イベントの共同企画者でオーストラリアのブロガーであるCollis Ta’eedは、ブログアクションデイのコンセプトを次のように述べています。
「このイベントでは、大きな社会問題について、ブロガーがそれぞれの視点から同時に議論し、行動するためのプラットフォームを提供することを目指しています。」
「今年、私たちは2007年の成功を元に、貧困という深刻な問題に向き合いたいと考えています。何千もの個人の考えや、アイデアや行動によって、私たちは世界中の人々を動かすことができるはずです。」
すでに、世界のトップ100ブログ(Technorati.comによる)のうち13ものブログが、今年のブログアクションデイに参加することを表明しています。
参加表明ブログ例:
TechCrunch.com, Readwriteweb.com, Mashable.com, SmashingMagazine.com, Problogger.net, GigaOM.com, Copyblogger.com, ZenHabits.net, Inhabitat.com, VentureBeat.com, Mentalfloss.com, PronetAdvertising.com, TorrentFreak.com.
2007年に開催した第一回のブログアクションデイでは環境問題を取り上げ、the United Nations Environmental Programme, EU Commissioner for the Environment, Google, Wells Fargo, eBay, Yahoo!, などの大企業や国際的な組織を含む、2万以上のブログが参加しました。
ブログアクションデイには、誰でも http://blogactionday.org から自由に登録を行うことができます。
【AMNが日本のパートナーとしてサイトの翻訳やPR活動を支援】
AMNでは、ブログアクションデイの「世界中のブログが1つの話題を議論することで何かが変えられるはず」という理念に賛同し、このたびブログアクションデイの日本語版ページの翻訳や、ブログアクションデイの認知拡大のためのPR活動に協力いたします。
(現時点で、ブログアクションデイのサイトは、AMNが翻訳に協力した日本語を含め、スペイン語やフランス語から、トルコ語、アラビア語など19カ国語に翻訳されています。)
なお、ブログアクションデイ当日のAMNの広告収入相当額については、Blog Action Dayに賛同しているチャリティ団体に寄付を行う予定のほか、ブログアクションデイの日本での認知を広げるため、活動に協力して頂けるブログ関連サービス事業者を募集していく予定です。
■ブログアクションデイの本家サイトはこちら
 http://blogactionday.org/
■ブログアクションデイ日本語ページはこちら
 http://blogactionday.org/jp
blogactiondays.png