AMNがユーザーローカルと提携、新サービス「アンバサダーレポート」提供開始

ソーシャルメディア上での自社ブランド言及者から傾聴
AMNがユーザーローカルと
「Social Insight」の販売・活用支援で提携
発信者の人物軸で分析する「アンバサダーレポート」の提供開始


カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 徳力基彦、以下AMN)は、早稲田大学発の技術ベンチャーである、株式会社ユーザーローカル(東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤将雄)が提供する、複数のソーシャルメディア(SNS)を横断的に分析・管理するツール「Social Insight」(http://social.userlocal.jp/,以下ソーシャルインサイト)販売・活用支援に関する提携を行うこととなりました。
120411_logo.jpg

さらに、AMNではツールの販売にとどまらず、「ソーシャルインサイト」で得られた発信者データを、AMNの分析ツール「ユーザーチャート」などを活用し人物軸で分析した「アンバサダーレポート」の提供を開始致します。
AMNでは、企業にとってソーシャルメディア上での傾聴の重要性が日々強くなってきている状況に対応して、これまでソーシャルメディア上の言及状況を俯瞰的に分析し、企業のマーケティング活動の参考となる「ソーシャルメディア傾聴リサーチ」の提供を行ってきました。その実績のなかで、今後は俯瞰的な言及状況だけにとどまらず、どのようなユーザーが情報発信し、その影響力まで把握することで、企業がより効果的にソーシャルメディア上でのコミュニケーションを実現できると考えました。
そこで、日頃からソーシャルメディア上で自社の製品やブランドについて言及している人達を「アンバサダー」と定義し、自社のブランドやサービスにとっての「アンバサダー」が誰なのかを可視化して、ソーシャル上でのツールごとの影響力や発言傾向などを人物軸でレポーティングする「アンバサダーレポート」の提供に至りました。
AMNでは、「ソーシャルインサイト」のデータを、AMNが開発し先日リリースしたソーシャルメディア上の影響力を測定する「ユーザーチャート」を活用するなどして発信者軸で分析した「アンバサダーレポート」を提供するだけでなく、これまで培ったAMNのソーシャルメディアコミュニケーション支援ノウハウと「ソーシャルインサイト」のコミュニケーション管理機能を活用することで、特定したアンバサダーとのコミュニケーションの支援も行ってまいります。


<<「アンバサダーレポート」の概要>>

■料金
・アンバサダーレポート 30万円~/月
※最低契約期間3ヶ月。上記金額にソーシャルインサイト エンタープライズ版 3ヶ月の使用料金が含まれます。
・ソーシャルインサイト エンタープライズ版 初期費用:6万円、月額費用:10万円
※最低契約期間3ヶ月。利用可能な機能は以下になります。
キーワード分析数:30ワード、キーワード発言内容のポジ・ネガ分析、キーワード発言発者の性別と年齢マトリクス分析、キーワード発言によく含まれる URLのリストの抽出、アカウント分析数:30アカウント、予約配信機能:回数無制限(15アカウントまで) など

■レポート項目
Twitter上のキーワードの言及トレンドの調査(月30キーワードまで)
Twitter上のキーワードの発言によく含まれる URLリスト
Twitter上のキーワード言及者を元にしたアンバサダー候補の抽出
自社のTwitterアカウントのフォロワー内でのアンバサダーの抽出
アンバサダーの発言内容の分析(特定のキーワードの発言推移の分析)

※レポートサンプル
▼自社の製品、ブランドの発言されているキーワード数の推移(30キーワードまで)
120411_report1.jpg

▼キーワード毎の発言者ランキング(30キーワードまで)
120411_report2.jpg

▼発言が多いユーザーのアカウント分析
120411_report3.jpg
120411_report4.jpg
120411_report5.jpg

■ソーシャルインサイトとは
ソーシャルインサイトは全世界で利用されているFacebook、Twitter、Google+、YouTubeや国内のmixiページなどに対応し、ソーシャルメディア上のデータ分析およびアカウント管理が可能です。ツールの内容は、「クチコミ分析機能」、ソーシャルメディア上のアカウントの状態を解析する「ソーシャルメディア・アカウント解析機能」、ファンとの対話を支援する「ソーシャルCRM機能」の3つになります。
http://social.userlocal.jp/

■アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)について
AMNは、利用者と企業、そしてメディアの3者の会話やコミュニケーションを支援する「カンバセーショナルマーケティング」の推進をコンセプトとして、2007年2月に設立されました。アンテナの高いブロガーやソーシャルメディアユーザーと企業をつなぐことで、情報感度の高い利用者に効率的にリーチする手段を企業に提供します。また、TwitterやFacebook、mixiなど、複数のソーシャルメディアを活用したマーケティングサービスを提供しているほか、国内の有力ブログをネットワーク化し、質の高いブログの書き手を支援しています。
(社)日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会運営の第6回Webクリエーション・アウォードで大賞を受賞。2011年9月時点で、AMNのアドネットワークには 90のブログと17のツイッター関連サービスが参加しており、全体のページビューは月間5,000万PVを超えています。 

■ユーザーローカルについて
株式会社ユーザーローカルは、アクセス解析ツールを提供する、早稲田大学内にある技術開発ベンチャー企業です。これまでに、商用アクセス解析ツールUser Insight(http://ui.userlocal.jp/)やブログ向け無料アクセス解析ツールの「なかのひと」(http://nakanohito.jp/ )、携帯アクセス解析ツール「うごくひと2」(http://ugo2.jp/ )などを提供しています。
・社名  株式会社ユーザーローカル
・所在地 東京都新宿区西早稲田 1-22-3 早稲田大学インキュベーションセンター
・代表者 代表取締役社長 伊藤将雄

<本案件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 (担当:徳力、森下)
東京都渋谷区渋谷1-15-8宮益O.Nビル5F  http://agilemedia.jp/
Tel: 03-5774-1920  
Fax:03-5774-1921 
press@agilemedia.jp

アンバサダープラットフォーム
reviws
reviws