AMN、ブログの特徴や影響力を解析できるサービス 「ブログチャート」をリニューアル

AMN ブログの特徴や影響力を解析できるサービス
「ブログチャート」をリニューアル

 ~Facebookやツイッターでのシェア数なども含め、
ネット上での影響力を測定~


カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 徳力基彦、以下「AMN」)は、以前から提供しているブログの特徴や影響力を分かりやすく解析できるサービスである「ブログチャート(blogchart.jp)」をリニューアル致しました。今回のリニューアルにより、ネット上でのブログの影響力をより現実的に分析することが可能になりました。
120123_blogchart.jpg

■ブログチャート ( http://blogchart.jp/ )
「ブログチャート」をリリースした2008年と比較して、ブログを取り巻く環境は大きく変化しました。
以前は、ブログがネット上のコミュニケーションツールとしての役割の中心を果たしていましたが、その後、コミュニケーションの舞台はツイッターやFacebookなどのソーシャルメディアに移行している傾向にあります。
 一方、リンクをシェアする上記サービスのコミュニケーションの特性から、情報を発信する拠点(コンテンツ)としてブログの役割はより強固なものになってきており、ストック型のコンテンツをブログで発信して、フロー型のコミュニケーションツールであるツイッターやFacebookに掲載するといった流れが定着してきています。
その結果、以前にも増してブログの情報拡散のスピードは加速し、ブログ量も増大する傾向にあります。今回のリニューアルでは、これらのブログを取り巻く環境変化を考慮して、ソーシャルメディア上でのブログに対する言及数や共有されている数を新たな指標として取り入れました。

■「ブログチャート」リニューアルの背景
「ブログチャート」では、AMNの独自の評価法をもとに、ブログの特徴や影響力を解析しています。ブログチャート式評価法の元となっているのは下記の6つの要素です。
120123_blogchart2.jpg

 ●話題度(ブログやサイトからの被リンク数)
 ●議論発生度 (ツイッターでのブログの言及数 )
 ●共感度 (ブログに対するフェイスブックの「いいね!」数や「share」数)
 ●クリップ数 (ソーシャルブックマークサービスからの被クリップ数)
 ●購読数 (RSSフィードの購読数、読者数)
 ●評価 (Googleページランク ブログ読者からの評価レベル)

このブログチャート式評価法の結果を基に、「ブログチャート」では二つの軸からブログの評価の可視化を実現しています。

■累積指標を元にしたブログの影響力レベルの表示
「ブログチャート」では、上記6つの値を指数化することにより、経験値を元にした各ブログの影響力レベルを算出しています。影響力レベルの算出においては、短期的に上下する値ではなく、被リンク数や購読数などの累積数値を重視しており、継続することで価値が出てくるブログの良さが表現されるように設計を行っています。

■6つの指標をレーダーチャート化することによるブログの特徴の可視化
「ブログチャート」では、上記6要素をレーダーチャート上にマッピングすることにより、各ブログがどのような特徴を持っているかというのが可視化されるようになっています。例えば、ライフハックやノウハウ系の記事が多いブログはクリップ数が突出していたり、芸能人などの著名人のブログは購読数が多くなったりという傾向があります。

アンバサダープラットフォーム
reviws
reviws