名古屋の魅力をクチコミで伝える 『名古屋なんて、だいすき』モニターがスタート

名古屋の魅力をクチコミで伝える
『名古屋なんて、だいすき』モニターがスタート!
~地域のファンを組織化しSNSのクチコミ貢献を分析する日本初の取り組み~

企業やブランドのファン育成・活性化を支援するアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田怜史 以下AMN)は、名古屋市(河村たかし市長)と共同で、SNSで情報発信を活発に行う名古屋市のファンを“『名古屋なんて、だいすき』モニター”として組織化し活性化を支援する、自治体向けアンバサダープログラム®の提供を開始いたしました。

■背景
名古屋市は同市観光文化交流局が国内主要8都市を対象に実施した「都市・ブランドイメージ調査」(2016年7月)※の結果から、「名古屋市への愛着や誇りはあるが、推奨度が最下位」であったことや、「訪問意向が最も低く“行きたくない街”という印象がある」ことが分かりました。
一方、名古屋は独自の食文化や、名古屋城をはじめとする優れた観光資源をもち、調査結果発表から名古屋のファンによる擁護や推奨がSNSで発信されるという状況もありました。

名古屋市では『名古屋なんて、だいすき』のキーワードのもと、様々な魅力を伝える活動を推進しており、本取り組みは名古屋の様々な体験を通じて街の魅力を発信、推奨を推進する取り組みとしてスタートしました。
※名古屋市「都市ブランドイメージ調査」
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/cmsfiles/contents/0000084/84816/chousakekka.pdf

■名古屋ファンに特化した会員組織“『名古屋なんて、だいすき』モニター”とは


名古屋のファン(在住者、出身者、観光者)を対象に、AMNが提供する「アンバサダープログラム」のファン活性化ノウハウと分析のテクノロジーを連携することで、名古屋ファンによるクチコミ活性化の基盤となる『名古屋なんて、だいすき』モニターを組織化しました。

『名古屋なんて、だいすき』モニターでは、登録者に対して特別なイベントへの招待や、名古屋公式SNSで登録者の声を紹介するなど、クチコミを活性化させる様々な機会を提供してまいります。

本取り組みでは、当社が提供する「アンバサダープラットフォーム」を導入し、登録者1人ひとりのSNSやブログでの影響力やクチコミを分析することで、名古屋の魅力について積極的にクチコミしてくれる貢献者のデータを把握することで、成果の把握や魅力あるコンテンツ制作へと活用してまいります。

本取り組みを推進している名古屋市観光文化交流局 ナゴヤ魅力向上室長 田頭泰樹様よりコメントをいただいております。
「名古屋市では現在、『名古屋なんて、だいすき』を合言葉に、市民や全国の名古屋ファンの方々と共に名古屋の魅力の発信を推進しています。今回、AMN社のアンバサダープログラムを導入することで、名古屋ファンの方々のクチコミ貢献を可視化し、更なる活性化が推進されることを期待しています。」

当社、代表取締役社長 上田怜史によるコメント
「本取り組みは自治体におけるファンを“魅力を伝える可能性のある人”という視点で、「在住者」「出身者」、「観光者」と定義し、SNSやブログを通じてクチコミを拡げるシティプロモーションにおける新しい取り組みです。当社では名古屋市におけるファンを通じた魅力の発信を今後も支援してまいります。」

図:『名古屋なんて、だいすき』モニターの構造

『名古屋なんて、だいすき』モニター登録フォーム
https://form.ambassador.jp/get/nagoya/daisuki/entry

■『名古屋なんて、だいすき』モニターの特徴
①参加者への金銭報酬は一切なし、リアルなクチコミが人を動かします
『名古屋なんて、だいすき』モニターの登録者は無償で参加・クチコミをしてもらう存在だからこそ、影響力と説得力のある名古屋への推奨(オススメ)が生まれます。

②参加者のクチコミや友人の反応を起点に、魅力的なコンテンツ制作に発展
『名古屋なんて、だいすき』モニターによる発信されたクチコミと、友人の反応傾向をデータ把握することで、名古屋の魅力を引き出すコンテンツ制作に活用します。

③登録者一人ひとりのSNS上のクチコミ貢献の分析・把握が可能
『名古屋なんて、だいすき』モニター各登録者の名古屋についての「発言数」や「内容」、「クチコミ波及」や「発言への反応」といったデータを継続して計測、分析することで、名古屋ファンの貢献を把握することが可能です。

図:『名古屋なんて、だいすき』モニターによるクチコミ波及と貢献分析の仕組み

◆アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)について
AMNは、利用者と企業、そしてメディアの3者の会話やコミュニケーションを支援することをコンセプトとして、2007年2月に設立されました。当社では、単なる受け身のファンではなく、積極的に企業の活動に関わり、応援してくれるファンを「アンバサダー」と定義し、ファンの育成・活性化を推進する「アンバサダープログラム」の導入を支援しています。

<本案件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 (担当:藤本、上田)
東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル4階 http://agilemedia.jp/
Tel:03-6435-7130 Fax:03-6435-7131 press@agilemedia.jp