UMPCプラットフォームが作る未来とは?

インテルのホームページへようこそ 今週末開催のAMNブログイベント vol.5「ブログとコンピュータ」。先週パネラーで登場していただくGoing My Wayのkengoさんについてご紹介しましたが、今日は当日トピックの一つとして取り上げる予定のUMPCプラットフォームについてご紹介したいと思います。

 UMPCについては、Wikipediaに下記のような記述があります。
 「Ultra-Mobile PC(ウルトラモバイル ピーシー)の略称で、2006年3月9日にマイクロソフトやインテルなどが発表したタブレットPCのこと。小型のパーソナルコンピュータであり、ノートパソコンと携帯情報端末(PDA)との中間に位置づけられる。主に、現在はIntel Ultra Mobile Platform 2007に準拠したハードウェア構成の携帯型PCの事と考えてよい。」
 
 ニュースなどでも、新しいUMPC端末が取り上げられますから目にされている方も多いでしょう。
 最近では、富士通のLOOX Uが、超人気で2ヶ月待ちになったのも記憶に新しいところ。

fmvlooxu.png

 ただ、実際のUMPCの性能や用途については、小さいPC以外のイメージはあまり無いという方も多いかもしれません。
 でも、本当にそれだけでしょうか?

 PCがこれだけ小さくなったというのに、今まで通りのPCのイメージ、今まで通りの使い方で良いのでしょうか?
  

 Ultra Mobile Platform 2007を提唱しているインテルも、こんなコンセプト動画を公開しています。(YouTubeに公開されたこちらの動画は30万回以上再生されているようです。)

 ちょっとSF的な未来ではありますが、最近のインターネットの進化を考えると、案外遠くない未来なのかもしれないと思えます。

(参考記事)
ITmedia +D PC USER:Intel Developers Forum 北京:UMPC向けプラットフォーム「Intel Ultra Mobile Platform 2007」を正式発表──チャンドラシーカ氏基調講演

 このサイズで、これまでのPCと同じことが実現できるなら、もっといろんな形やサイズのPCがあっても良さそうな気がしてきますよね。

 今回のイベントでは、参加者の皆さんに実際にUMPCにさわっていただく時間も用意できそうです。
 UMPC等の新しいコンセプトのコンピュータを発想の刺激にして、一度これまでのPCという枠を忘れて、未来のコンピュータを考えてみたいと思っていますので、当日はよろしくお願いします。

※若干、参加枠を増やしましたので、ご興味のある方はこちらのフォームからお申し込みください