ambassador summit 2018

21日(木) ベルサール九段

募集を終了いたしました


当日の模様はこちら

基調講演
「ファンベース ~共感・愛着・信頼の作り方」
佐藤 尚之 氏
ツナグ コミュニケーション・ディレクター

プレゼンテーション1
「ファン・コミュニケーション 共感・愛・信頼の見える化」
上代 晃久 氏
日本マイクロソフト コンシューマー&デバイス事業本部 マーケティング統括本部 デジタルリード

プレゼンテーション2
「マーケティング4.0とクチコミの効果測定」
徳力 基彦
アジャイルメディア・ネットワーク 取締役CMO

プレゼンテーション3
「アンバサダープログラムの役割と仮説」
徳力 基彦
アジャイルメディア・ネットワーク 取締役CMO

事例紹介 横浜マリノス
大多和 亮介 氏
横浜マリノス メディア&ブランディング部 担当部長

事例紹介 デル
横塚 知子 氏
デル コンシューマー&ビジネス マーケティング統括本部 コンシューマー マーケティング部 部長

事例紹介 ティップネス
本田 尚子 氏
ティップネス マーケティング部 課長

事例紹介 セブンイレブン
大石 健司 氏
セブン‐イレブン・ジャパン 販売促進部

事例紹介 サンリオ
田口 歩 氏
サンリオ メディア部 ジェネラルマネージャー

ケースプレゼンテーション
上田 怜史
アジャイルメディア・ネットワーク 代表取締役社長

ケースプレゼンテーション
出口 潤
アジャイルメディア・ネットワーク 営業部
部長 / チーフ・アンバサダープログラムコンサルタント

アンバサダープログラムが解決する企業の課題

アジャイルメディア・ネットワークで、ファンやアンバサダーを重視するアプローチを「アンバサダープログラム」と定義し、アンバサダープログラムに特化して活動をしはじめてから5年が経ち、おかげさまで、これまでに120以上のプログラムを、企業の方々とご一緒させて頂くことができました。


この5年間の試行錯誤の過程で、アンバサダープログラム的なアプローチの課題として明確に見えてきたのが、アンバサダープログラムには企業や業種によって様々なアプローチや、やり方があるために、最初の目的やゴール設定があいまいだと、継続が難しくなってしまうケースが多いという点です。


そこで、今回のアンバサダーサミット2018では、テーマを「アンバサダープログラムが解決する企業の課題」とさせて頂きました。

本来企業のマーケティング活動全体から見ると、アンバサダープログラムというのは一つの選択肢でしかありません。

ただ、我々としては100件を超える企業の方々との試行錯誤を通じ、アンバサダープログラムだからこそ解決できる課題というのも明確に見えてきていると手応えも感じています。


短期と中長期の視点の両立、大勢のマスへのリーチや認知獲得と、少数の熱いファンやアンバサダーとのエンゲージメントやクチコミの可視化をどう組み合わせ、どう両立していけば良いのかという点について皆さんと議論させて頂ければと考えています。

一般応募枠のお申し込みはこちら

募集を終了いたしました

イベント概要

日時
2018年2月1日(木)10:00~19:00(開場9:30)
会場
ベルサール九段(東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル3F)
規模
400名(招待制)
費用
無料
主催
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

タイムテーブル

【午前の部】概要

午前の部では、昨年同様「明日の広告」や「明日のプランニング」などの著書で知られる「さとなお」こと佐藤尚之様に基調講演を行って頂きます。

ちょうど、2月5日にさとなおさんが出版される予定の新しい書籍「ファンベース」から、アンバサダープログラムを実践する上で土台となる考え方でもある「ファンベース」を重視したアプローチの考え方や、短期キャンペーンと中長期の施策の組み合わせの考え方をご紹介頂ける予定です。

また、マイクロソフトで、オンラインやオフライン、広告とクチコミをまたがった効果測定を検証されている上代さんに、デジタル時代だからこそ可能になりつつある効果測定の可能性についてもお話し頂く予定です。

10:00
午前の部 オープニング
10:20
基調講演「ファンベース ~共感・愛着・信頼の作り方」
・プレゼンター
  佐藤 尚之 氏(ツナグ コミュニケーション・ディレクター)
11:30
プレゼンテーション1 「ファン・コミュニケーション 共感・愛・信頼の見える化」
・プレゼンター
  上代 晃久 氏(日本マイクロソフト コンシューマー&デバイス事業本部 マーケティング統括本部 デジタルリード)
12:00
プレゼンテーション2 「マーケティング4.0とクチコミの効果測定」
・プレゼンター
  徳力 基彦(アジャイルメディア・ネットワーク 取締役CMO)
12:30
ディスカッションランチ
※軽食をご用意する予定です。

【午後の部】概要

後半は、実際にアンバサダープログラムに取り組んでいる企業の方々と、アンバサダープログラムの目的と役割、またアジャイルメディア・ネットワークで検討している効果測定の考え方について、議論させて頂きます。

アジャイルメディア・ネットワークでは、書籍「顧客視点の企業戦略」を出版させて頂き、その中でもクチコミの効果測定の考え方について提唱させて頂きましたが、2017年はコトラー教授が出版された「マーケティング4.0」で提唱されている測定指標の考え方も組み合わせ、よりマーケティング全体の視点からみて意義のある効果測定のやり方を模索してきました。

当日は、その仮説を元に、アンバサダーサミット参加者の皆さんと共に、これからの新しい効果測定のやり方について議論できればと考えています。

13:30
プレゼンテーション3 「アンバサダープログラムの役割と仮説(仮)」
・プレゼンター
  徳力 基彦(アジャイルメディア・ネットワーク 取締役CMO)
13:50
アンバサダープログラムの取り組み紹介1
・プレゼンター1
  大多和 亮介 氏(横浜マリノス メディア&ブランディング部 担当部長)
・プレゼンター2
  本田 尚子 氏(ティップネス マーケティング部)
・ケースプレゼンテーション
  上田 怜史(アジャイルメディア・ネットワーク 代表取締役社長)
15:20
アンバサダープログラムの取り組み紹介2
・プレゼンター1
  横塚 知子 氏(デル コンシューマー&ビジネス マーケティング統括本部 コンシューマー マーケティング部 部長)
・プレゼンター2
  田口 歩 氏(サンリオ メディア部 ジェネラルマネージャー)
・プレゼンター3
  大石 健司 氏(セブン‐イレブン・ジャパン 販売促進部)
・ケースプレゼンテーション
  出口 潤(アジャイルメディア・ネットワーク 営業部 部長 / チーフ・アンバサダープログラムコンサルタント)
17:05
クロージングディスカッション 「アンバサダープログラムは企業のどんな課題の答えとなるのか?」
・パネリスト
  上代 晃久 氏(日本マイクロソフト コンシューマー&デバイス事業本部 マーケティング統括本部 デジタルリード)
  徳力 基彦(アジャイルメディア・ネットワーク 取締役CMO)
17:45
ネットワーキングディスカッション
19:00
終了予定

一般応募枠のお申し込みはこちら

募集を終了いたしました

スピーカー

(登壇順)

佐藤 尚之 氏

ツナグ
コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。復興庁復興推進参与。一般社団法人助けあいジャパン代表理事。大阪芸術大学客員教授。1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コミュニケーション・ディレクターとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。またコミュニティの会社(株)4thも設立。著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」「明日のプランニング」「うまひゃひゃさぬきうどん」「沖縄やぎ地獄」「ジバラン」など。新刊「ファンベース」(ちくま新書)が2月5日に発売予定。

www.さとなお.com(さなメモ)

上代 晃久 氏

日本マイクロソフト
コンシューマー&デバイス事業本部
マーケティング統括本部
デジタルリード

1969年千葉生まれ。広告代理店、日本マイクロソフトやキリン等、事業主側でのデジタルマーケティングを推進、2017年より日本マイクロソフトのコンシューマー・デバイス・サービス事業部のデジタルリードとして、デジタルを活用した家電量販店でのマーケティングから、自社製品のブランディングを担当。

LinkedIn

大多和 亮介 氏

横浜マリノス
メディア&ブランディング部
担当部長

2007年横浜マリノス株式会社入社。ファンクラブ事務局、試合運営、広報等の立場から、広く集客プロモーションやメディアリレーションを担当。2012年から学校法人まこと学園にて副園長、洗足こども短期大学にて非常勤講師として勤務後、2017年にマリノスへ復帰。クラブ価値の向上や、主催試合への集客増を目指したマーケティング全般を担当。

横浜F・マリノス 公式サイト

横塚 知子 氏

デル
コンシューマー&ビジネス マーケティング統括本部
コンシューマー マーケティング部
部長

大学院卒業後、ベンチャー企業を経て、2005年からデル株式会社へ。入社初年度に海外勤務を希望し、1年間中国に赴任。現在は、日本市場のコンシューマー&ビジネスマーケティングを担当し、ダイレクトビジネスの推進およびブランディングの強化にあたる。2016年12月末には「デル アンバサダープログラム」を新規に立ち上げ、ダイレクトビジネスの原点とも言えるユーザーとの直接交流に力を入れている。

Facebook @DellJapan

Twitter @DellConsumer_JP

田口 歩 氏

サンリオ
メディア部
ジェネラルマネージャー

1990年に国際データ通信事業者に入社。プロバイダー事業の立ち上げにかかわった後、1997年より動画配信、音楽配信のスタートアップ企業に参画。2005年にWebコンサルティング会社に入社後、代表取締役に就任。親会社である株式会社アイ・エム・ジェイの経営企画管掌執行役員を経て2012年サンリオに入社、オウンドメディアを中心にデジタルマーケティング全般を統括する。

サンリオHP

大石 健司 氏

セブン‐イレブン・ジャパン
販売促進部

2000年にセブン‐イレブン・ジャパンに入社し、加盟店オーナーの経営カウンセリングを行う業務に従事した後、販売促進部に異動。販促物制作や地方プロモーションを担当した後に、2016年末より、ツイッター250万人、フェイスブック80万人のフォロワーを抱える公式SNS運営を担当。

セブンスイーツアンバサダー

スピーカー(アジャイルメディア・ネットワーク)

徳力 基彦

アジャイルメディア・ネットワーク
取締役CMO ブロガー

NTTやIT系コンサルティングファーム等を経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。「カンバセーショナルマーケティング」をキーワードに、ソーシャルメディアの企業活用についての啓蒙活動を担当。2009年2月には代表取締役社長に就任。 ブログ以外にも日経ビジネスオンラインや日経MJのコラム連載等、複数の執筆・講演活動を行っており、2011年の登壇回数は100回を越える。また個人でも、WOMマーケティング協議会の事例共有委員会委員長や、政府広報アドバイザーなど幅広い活動を行っており、著書に「デジタル・ワークスタイル」、「アルファブロガー」等がある。

上田 怜史

アジャイルメディア・ネットワーク
代表取締役社長

商社にて建材を取扱い建設会社、設計事務所への営業活動に従事。 2004年シーネットネットワークスジャパン株式会社に入社し広告営業担当。その後 株式会社 ディー・エヌ・エーにて「モバゲータウン(現mobage)」の広告・企画営業を担当した後、 2007年アジャイルメディア・ネットワーク株式会社入社。2009年3月より同社取締役に就任。 茨城県 いばらきインターネットテレビ事業 検討委員会委員 企業へのアンバサダーコンセプトに基づくマーケティング・コミュニケーション開発の支援をおこなう。

藤崎 実

アジャイルメディア・ネットワーク
マーケティング部 研究者/エバンジェリスト/クリエイティブディレクター

国内及び外資系広告会社を経て現職。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科博士課程在学中(2017年現在)。日本広告学会会員/クリエーティブ委員、日本広報学会会員/デジタルPR研究部会、日本マーケティング学会会員、WOMマーケティング協議会理事/事例共有委員会/メソッド委員会、東京コピーライターズクラブ会員。受賞歴に、カンヌライオンズ、OneShow、クリオ、クリエイターオブザイヤー、電通賞などがある。論文として「アンバサダー顧客活用施策と効果検証の実際」、「アンバサダー顧客はなぜ無償で推奨行為を行うのか」などを執筆、書籍監修として『アンバサダー・マーケティング』(日経BP社)がある。

出口 潤

アジャイルメディア・ネットワーク
営業部 部長 / チーフ・アンバサダープログラムコンサルタント

音楽フリーペーパーで編集長兼デザイナー、音楽出版社、音楽・エンタメ系ポータルサイトにて広告・企画営業職を経て、2010年にアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)へ入社。現在は営業部部長 兼 チーフ・アンバサダープログラムコンサルタントとして活動中。企業のマーケティングパートナーになるべく、アンバサダープログラムの導入・プランニング〜アンバサダーの発掘、育成、コミュニケーション、プログラムの運用支援・効果測定まで、多岐にわたる幅広い領域を担い、個性豊かなAMNメンバー達と共に日々、試行錯誤を続けている。「自分らしく、楽しむ」がモットー。2児の父で趣味はボルダリング。

一般応募枠のお申し込みはこちら

募集を終了いたしました