ambassador summit 2017

23日 ベルサール九段


当日の模様はこちら

カプコン CS制作統括
第一制作部 UXデザイン室
中谷洋 氏

ベンキュージャパン
プロダクト&マーケティング部 シニアマネージャー
洞口寛 氏

トリドールホールディングス
マーケティング部
大洞マキ 氏

セールス・オンデマンド 取締役
マーケティング部部長
徳丸順一 氏

ヤマト運輸
広報戦略部
服部亮太 氏

小林製薬
通販事業部通販マーケティング部 WEB・システムグループ
福井貴啓 氏

アジャイルメディア・ネットワーク
代表取締役社長
上田怜史

アジャイルメディア・ネットワーク
取締役副社長
高柳慶太郎

アンバサダープログラムの課題と可能性

 アジャイルメディア・ネットワークでは、4年ほど前から、ファンやアンバサダーを重視するアプローチに特化することを決めて活動をしてきましたが、おかげさまでこれまで80以上のアンバサダープログラムやアンバサダーを意識した活動を企業の方々とご一緒させて頂くことができました。

 当然ながら、上手くいっているプログラムもあれば、課題を目の前にして苦戦しているプログラムも、残念ながら中止になってしまったプログラムもあります。


 そこで、今回のアンバサダーサミット2017では、テーマを「アンバサダープログラムの課題と可能性」とし、特にアンバサダープログラムや、ファンやアンバサダーを重視したアプローチを実施される際に担当者の方々が直面する課題や、その課題をどのようにして一つ一つ乗り越えていけば良いのかという点について議論をさせていただきたいと考えております。


 なお、今年は昨年同様「明日の広告」や「明日のプランニング」などの著書で知られる「さとなお」こと佐藤尚之様に基調講演を行って頂けることになりました。

 今年は、昨年の振り返りも兼ねたプレゼンテーションに加えて、企業担当者の方々も交えて、ファンベースやアンバサダープログラムにおける課題と乗り越え方についてのパネルディスカッションも行う予定です。

 また、後半には実際にアンバサダープログラムに取り組んでいる方々の取り組みについてのご紹介を頂くほか、最後のセッションでは、CMOや宣伝部長のようなマーケティング全般を見ている方々の視点から、アンバサダープログラムの課題と可能性についての議論をさせて頂きます。

お申し込みはこちら

満席のため締め切りとなりました

イベント概要

日時
2017年2月3日(金)10:00〜20:00(開場09:30)
会場
ベルサール九段(東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル3F)
規模
150~200名(招待制)
費用
無料
主催
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

タイムテーブル

10:00
オープニング
10:20
基調講演「なぜファンベース、そしてアンバサダープログラムが必要か(役員に説明する三か条)」
・プレゼンター
  佐藤 尚之 氏(ツナグ コミュニケーション・ディレクター)
11:30
パネルディスカッション「ファンベースやアンバサダープログラムの課題と乗り越え方」
・パネリスト
  浅沼 威行 氏(ライオン 宣伝部)
  山本 隆博 氏(シャープエレクトロニクスマーケティング 総合プロモーション部)
  山田 瞳 氏(花王 ビューティケア 化粧品事業ユニット ソフィーナ事業グループ)
  佐藤 尚之 氏(ツナグ コミュニケーション・ディレクター)
・モデレーター
  徳力 基彦(アジャイルメディア・ネットワーク 取締役CMO)
12:30
プレゼンテーション1「アンバサダープログラムのメディア連携とアンバサダーステップのご紹介」
・プレゼンター
  上田 怜史(アジャイルメディア・ネットワーク 代表取締役社長CEO)
13:00
ディスカッションランチ
14:00
アンバサダープログラムの取り組み紹介1
・プレゼンター
  中谷 洋 氏(カプコン CS制作統括 第一制作部 UXデザイン室)
  洞口 寛 氏(ベンキュージャパン プロダクト&マーケティング部 シニアマネージャー)
  大洞 マキ 氏(トリドールホールディングス マーケティング部)
・ファシリテーター
  出口 潤(アジャイルメディア・ネットワーク 営業部 部長)
15:10
アンバサダープログラムの取り組み紹介2
・プレゼンター
  徳丸 順一 氏(セールス・オンデマンド 取締役 マーケティング部 部長)
  服部 亮太 氏(ヤマト運輸 広報戦略部)
  福井 貴啓 氏(小林製薬 通販事業部通販マーケティング部 WEB・システムグループ)
・ファシリテーター
  藤崎 実(アジャイルメディア・ネットワーク マーケティング部)
16:10
プレゼンテーション2「アンバサダープラットフォームによる最新の取り組み」
・プレゼンター
  高柳 慶太郎(アジャイルメディア・ネットワーク 取締役副社長COO)
17:00
クロージングディスカッション「CMOや宣伝部長の視点から考えるアンバサダープログラムの課題と可能性」
・パネリスト
  足立 光 氏(日本マクドナルド 上級執行役員 マーケティング本部長)
  木村 真琴 氏(西友 マーケティング本部 バイス・プレジデント)
  山村 眞 氏(カルビー マーケティング本部 コミュニケーション部 部長)
・モデレーター
  徳力 基彦(アジャイルメディア・ネットワーク 取締役CMO)
18:30
懇親会
20:00
終了

お申し込みはこちら

満席のため締め切りとなりました

スピーカー

(登壇順)

佐藤 尚之 氏

ツナグ
コミュニケーション・ディレクター

1961年東京都生まれ。株式会社電通にてCMプランナーやウェブ・プランナー、コミュニケーションデザイナーなどを経て、2011年に独立。現在はコミュニケーション・ディレクター(株式会社ツナグ代表)。1995年より個人サイト「www.さとなお.com」を運営。『明日の広告』『明日のコミュニケーション』(いずれもアスキー新書)など著書多数。

www.さとなお.com

浅沼 威行 氏

ライオン 宣伝部

2003年よりライオン株式会社に勤務し、薬品研究所にてOTC医薬品の開発に従事した後、人事部にてERPパッケージの運用担当を経て、2011年から宣伝部へ。OTC医薬品のブランド強化に向けたコミュニケーション戦略の立案と推進を担当した後、現在は、オーラルケア事業全体のブランド強化に向けた、統合コミュニケーションの立案と推進及び、宣伝施策の評価を担当。

予防歯科から生まれたクリニカ
歯周ポケットケアで歯周病を防ぐシステマ

山本 隆博 氏

シャープエレクトロニクスマーケティング 総合プロモーション

フォロワー数33万を越える、シャープ公式ツイッター @SHARP_JP の中の人。宣伝部にて、アクオスなどのマス広告の制作を担当後、商品企画の仕事をはさみ、流れ流れてSNSアカウントの運営をスタート。手探りではじめたものの、時にゆるいと称されるツイートで、ニュースやまとめ記事になることが日常となる。現在もwebプロモーションの企画やファンベース施策と並行し、ツイッター上でユーザーとの交流を続けている。2014年大阪コピーライターズクラブ最高新人賞。突破クリエイティブアワード2015 審査員特別賞。中の人擬人化マンガ「シャープさんとタニタくん」コミックス2巻もまもなく発売されます。

SHARP 製品ページ
SHARPツイッターアカウント

山田 瞳 氏

花王 ビューティケア
化粧品事業ユニット
ソフィーナ事業グループ

2007年に入社後、ヘアケア事業ユニットを経て、2009年より現事業部に所属。2009年~メイクアップブランド『オーブクチュール』、2012年~デパートブランド『est』、2015年~新ブランドや新店舗の立ち上げ2016年~ファンデーションブランド『プリマヴィスタ』にマーケティング担当として従事。商品戦略、広告戦略、販売戦略などブランドに関わること全てに携わり、関連部署と協力しながら戦略立案から遂行まで担当。

花王ソフィーナ

中谷 洋 氏

カプコン CS制作統括 第一制作部 UXデザイン室

1992年株式会社カプコン入社。入社後はアミューズメント機器の生産管理業務、カスタマーサービス業務を経験。2001年より家庭用テレビゲームソフトのパブリシティ業務に携わる。2004年よりモバイルコンテンツの開発配信業務を10年間担当し、2014年より現部署に。現在は、ゲーム連動ウェブサービスと「バイオハザード アンバサダープログラム」の連携を軸とした、ファンを重視するマーケティング活動促進に取り組む。

株式会社カプコン
バイオハザード7 レジデント イービル
バイオハザード アンバサダープログラム

洞口 寛 氏

ベンキュージャパン
プロダクト&マーケティング部 シニアマネージャー

USAおよび日本の広告会社にて主に海外企業向けにマーケティングコミュニケーション戦略立案等の業務を担当。2010年ベンキュージャパン株式会社に入社。液晶ディスプレイプロダクトマネージャーとして製品販売におけるマーケティング担当として従事。2015年より展開するすべての製品の市場導入などに携わり、現在に至る。

大洞 マキ 氏

トリドールホールディングス
マーケティング部

2005年より人材採用活動全般、PA採用センターの設立、人材教育等に従事。その後、CSR部門、ES部門の立上げを経て、2012年よりマーケティング部を立上げ現在に至る。「丸亀製麺」CM制作をはじめとする国内全業態のマーケティングおよび販売戦略を担務、現在は、デジタルマーケティング、アンバサダー活動、主軸業態のブランドイメージ戦略を推進中。

丸亀製麺
丸亀製麺facebook

徳丸 順一 氏

セールス・オンデマンド 取締役
第一事業本部 マーケティング部 部長

広告会社を経て、2006年4月にアイロボット日本総代理店 セールス・オンデマンド株式会社に参画。家庭用掃除ロボットのパイオニアである、アイロボットルンバのマーケティング活動を展開し、ロボット掃除機カテゴリー創出を行う。2010年1月、スウェーデンの高性能空気清浄機ブルーエアを日本市場に導入し、掃除機以外のカテゴリーへ進出。2013年4月より経営企画本部を担務。2015年4月より再びアイロボット事業のマーケティング全般を担務している。

アイロボット ファンプログラム
セールス・オンデマンド株式会社(アイロボット日本総代理店)

服部 亮太 氏

ヤマト運輸 広報戦略部 係長

2008年ヤマト運輸入社。静岡主管支店にて宅急便センターの管理事務を実施。2009年以降は、静岡主管支店サービスセンターでの品質管理部門、人事総務課での労務管理部門など従事。2010年からは中部支社にて、宅急便の作業効率を改善する業務改革担当を経て、2012年より本社営業戦略部にて、宣伝担当して企業ブランド広告・商品広告など全般を担当し現在に至る。

ヤマト運輸

福井 貴啓 氏

小林製薬 通販事業部通販マーケティング部
WEB・システムグループ

オートバイの販売会社、EC事業社を経て2006年に小林製薬入社。家庭用品事業のWEBプロモーションの担当をした後、女性用衛生用品のブランドマネージャーになり新製品企画からプロモーションまでマーケティング業務全般に携わる。2011年より自社通販のオンライン担当となりWEBでの広告、CRMなどの運用管理を行う。

小林製薬オンラインショップ

足立 光 氏

日本マクドナルド 上級執行役員
マーケティング本部長

一橋大学商学部卒業。P&Gジャパン(株)マーケティング部に入社し、日本人初の韓国赴任を経験。ブーズ・アレン・ハミルトン、及び(株)ローランドベルガーを経て、ドイツのヘンケルグループに属するシュワルツコフヘンケル(株)に転身。2005年には同社社長に就任。赤字続きだった業績を急速に回復した実績が評価され、2007年よりヘンケルジャパン(株)取締役 シュワルツコフプロフェッショナル事業本部長を兼務し、2011年からはヘンケルのコスメティック事業の北東・東南アジア全体を統括。(株)ワールド 執行役員 国際本部長を経て、2015年より現職。

マクドナルド公式サイト

木村 真琴 氏

西友 マーケティング本部長
バイスプレジデント

P&G、ソニーマーケティング他にてブランドマネジメント・メディアプラニング・イベント・商品企画・広告制作等、マーケティング業務を多岐にわたり経験後、2009年西友に入社。KY(カカクヤスク)・バスプラ・PBみなさまのお墨付き・ど生鮮・プライスロックなどを新たなブランド資産として確立。2016年4月より現職。

山村 眞 氏

カルビー マーケティング本部
コミュニケーション部 部長

1961年生まれ 神奈川県鎌倉出身。1984年広告会社(株)東急エージェンシー入社。営業担当、営業部長、営業局長として食品、自動車、通信、美容関係などのクライアントを担当。広告業務全般、ブランド担当AEとしての業務に従事。2005年カルビー(株)入社。Jagabee事業部部長としてJagabeeブランドの市場導入を担当。2014年よりマーケティングサポート部部長としてブランディング、広告宣伝、調査業務を担当、2015年より現職

モデレーター/ファシリテーター

上田 怜史

アジャイルメディア・ネットワーク
代表取締役社長

商社にて建材を取扱い建設会社、設計事務所への営業活動に従事。 2004年シーネットネットワークスジャパン株式会社に入社し広告営業担当。その後 株式会社 ディー・エヌ・エーにて「モバゲータウン(現mobage)」の広告・企画営業を担当した後、 2007年アジャイルメディア・ネットワーク株式会社入社。2009年3月より同社取締役に就任。 茨城県 いばらきインターネットテレビ事業 検討委員会委員 企業へのアンバサダーコンセプトに基づくマーケティング・コミュニケーション開発の支援をおこなう。

高柳 慶太郎

アジャイルメディア・ネットワーク
取締役副社長

2005年、楽天に入社。ポータルサイト「インフォシーク」の広告営業を経て、楽天ブログなどのCGM(消費者生成メディア)の収益化を担当。その後、行動ターゲティング、アドネットワーク事業の立ち上げなどに従事。2008年よりアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)に在籍し、現在は取締役副社長COOとしてアンバサダープログラム事業全般を担当。アンバサダープログラムをワンストップで展開可能な独自システム「アンバサダープラットフォーム」の拡販に力を入れている。

徳力 基彦

アジャイルメディア・ネットワーク
取締役CMO ブロガー

NTTやIT系コンサルティングファーム等を経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。「カンバセーショナルマーケティング」をキーワードに、ソーシャルメディアの企業活用についての啓蒙活動を担当。2009年2月には代表取締役社長に就任。 ブログ以外にも日経ビジネスオンラインや日経MJのコラム連載等、複数の執筆・講演活動を行っており、2011年の登壇回数は100回を越える。また個人でも、WOMマーケティング協議会の事例共有委員会委員長や、政府広報アドバイザーなど幅広い活動を行っており、著書に「デジタル・ワークスタイル」、「アルファブロガー」等がある。

出口 潤

アジャイルメディア・ネットワーク
営業部 部長 / チーフ・アンバサダープログラムコンサルタント

音楽フリーペーパーで編集長兼デザイナー、音楽出版社、音楽・エンタメ系ポータルサイトにて広告・企画営業職を経て、2010年にアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)へ入社。現在は営業部部長 兼 チーフ・アンバサダープログラムコンサルタントとして活動中。企業のマーケティングパートナーになるべく、アンバサダープログラムの導入・プランニング〜アンバサダーの発掘、育成、コミュニケーション、プログラムの運用支援・効果測定まで、多岐にわたる幅広い領域を担い、個性豊かなAMNメンバー達と共に日々、試行錯誤を続けている。「自分らしく、楽しむ」がモットー。2児の父で趣味はボルダリング。

藤崎 実

アジャイルメディア・ネットワーク
マーケティング部 研究者/エバンジェリスト/クリエイティブディレクター

国内及び外資系広告会社を経て現職。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科博士課程在学中(2017年現在)。日本広告学会会員/クリエーティブ委員、日本広報学会会員/デジタルPR研究部会、日本マーケティング学会会員、WOMマーケティング協議会理事/事例共有委員会/メソッド委員会、東京コピーライターズクラブ会員。受賞歴に、カンヌライオンズ、OneShow、クリオ、クリエイターオブザイヤー、電通賞などがある。論文として「アンバサダー顧客活用施策と効果検証の実際」、「アンバサダー顧客はなぜ無償で推奨行為を行うのか」などを執筆、書籍監修として『アンバサダー・マーケティング』(日経BP社)がある。

お申し込みはこちら

満席のため締め切りとなりました